トップ  >  仕事  >  自民安倍氏が新法律。残業代撤廃制度を導入検討。導入検討の残業代ゼロ法案

                    

自民安倍氏が新法律。残業代撤廃制度を導入検討。導入検討の残業代ゼロ法案

2013.04.03 (Wed) |  仕事

画像サラリーマン疲

ワーキングプア(労働貧乏)という言葉が蔓延している世の中ですが、導入検討の残業代ゼロ法案 欧米とは似て非なるただ働き制度という新たなアベノミクス制度が発表されました。自民党を選んだサラリーマン達に安倍氏による死の制裁です。もはや北朝鮮です。

管理職同様、何時間働いても会社は残業代を支払わなくていいようにするものだ。ひと言でいえば、「残業代ゼロ制度」である


ちなみに一定以上の収入(年収)がある人のみが条件対象になるよう。その”条件”については言及していません。

僕の年収は430万くらいですが、この制度が適用になるかどうか・・・触れておりませんでした。


米国では原則として社員を契約で決めた以上の時間は働かせないし、社員も残業代をあてにしていない。エリートビジネスマンには土日も休まずに働くケースは少なくないが、それは成果主義が徹底されていて働くだけ収入が増える見込みがあるからです
アメリカでは残業代0は珍しく無いようです。それは、残業代を

最初からアテにしていない(残業する必要が無い)もしくは残業する事でストック・オプション(報酬)が期待出来るからなのです。

そのアメリカの真似をする安倍氏。それはどういう事??
 いかにも欧米の制度を導入するかのようにいいながら、日本のWEは名前だけを利用した日本独自の「社員ただ働き制度」なのだ。
安倍氏。。。。お前はもう死んでいいる。(ケンシロウ、北斗の拳。)

アベシ!

 



関連する記事

▲次の記事:【生声あり】コンビニ弁当??食べれる訳無いでしょ!衛生管理が逆に人体に悪影響だった件
▼前の記事:タバスコ入りのチョコレートを食べてみた!ハワイ産



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map