トップ  >  お金のこと  >  あなたが給料が上がらない9個の理由”問題を解決できない、または愚痴をこぼしてばかりいる”

                    

あなたが給料が上がらない9個の理由”問題を解決できない、または愚痴をこぼしてばかりいる”

2013.04.10 (Wed) |  お金のこと

画像お金

愚痴ばっかこぼして問題を解決せず、周囲のせいにする社会人が多いと正直僕は提唱します。ひとつでも当てはまる!? あなたの給料が上がらない9つの理由とその対処法という記事にも同じような内容が書かれていました。一つ一つを検証します。

やや厳しい内容ですが、社会人であれば受け入れざる得ない正論です。

1.非現実的な期待をしている



はたして自分は昇給に値するだけ評価されているのでしょうか。見極めるためには、日常的に上司とコミュニケーションをとり、業績に対する評価を上司と一致させることが大切です。あなただけでなく、上司も、あなたが平均以上の仕事をしていると考えていますか? 苦手だと評価されている分野はありませんか?


自分が仕事を頑張っていると思っても、他人の尺度によってその評価は大幅に変わります。つまり自分の許容量が低い程に現実とのギャップに失望する社会人(ゆとり)は多くなります。今一度、会社の体質と自分の体質を見つめなおす必要があります。それでも、会社が悪いという事であれば、自分の為にも転職を検討する必要があるでしょう。

2.下調べをしていない




自分にふさわしい昇給額を決める前に、自分と同じような役職の人がもらっている業界の平均的な給与を調べてみましょう。


また、元記事では、あなた自身の業績を挙げて、論理的に主張しなければいけません。”と書いています。ただ単に忙しいから、や、やってるつもり、ではその主張は通りません。

3.期待されている仕事「しか」していない



給料とは、あなたのしている仕事に対して支払われるものです。それに対して昇給は、上司があなたを採用時の見込み以上に会社に貢献していると評価しているサインです。


言われた事しかしていない会社員を指しているようです。

4.自分の業績をアピールしていない、あるいは、昇給して当然のようにふるまっている



自分の成功を遠慮せずに伝えましょう。あなたが有能で優秀だという証なのですから。


功績の自慢や主張をするのがイヤだという文化が日本にはありますが、これは精一杯に声を大にしてみんなに報告しましょう。気を使っていては誰かに追い抜かれてしまいます。実は損しかありません。

5.時流に乗り遅れている



自分の持っているスキルを評価してみてください。仕事を始めたときと比べて、あなたのスキルはどれくらい進歩していますか?


これはキャリアが長い人が自分が出来ると勘違い(勘違いでも無いかもですが)する事に要因する。簡単に言えば、自分が出来ると思った時点で会社に不満が出るし、それ以上の進歩が無くなる瞬間だと説きます。これは年配の方に多いようです。

6.問題を解決できない、または愚痴をこぼしてばかりいる



給料の上がる人というのは、自分の仕事は問題を起こすことではなく、問題を解決することだと理解している人なのです。


愚痴=廻りのせいにしてます。そんな人に進歩(昇給)なんてもってのほかです。

7.細かいことに気を配っていない



大切なことをしょっちゅう忘れていませんか? いつも同じ質問を2回していませんか? ひとつでもあてはまるのなら、あなたが近い将来に昇給することは十中八九ないでしょう


これは僕です・・・気を付けないと・・・メモの準備ですね(´・ω・`)

8.昇給を個人的な問題と結びつけている



逆に、昇給を申し出るときに言ってはいけないことは、学生ローンや家賃や医療費、「この給料では生計を立てられない」というセリフです。


家族がいるのに家族手当がでない、福利厚生がしょぼい!!!という愚痴をいう人に仕事の貢献度による昇給は少なそうです。全ては仕事が出来るから”昇給”するようです。

9.そもそも昇給を願い出ていない



昇給を願う人、もし自分が昇給するべき程に会社の利益に貢献していると思うなら遠慮する事無く昇給を申し出ましょう(これはマジで)本当に貢献してるなら昇給はされます。

ちょっとでも、今回の調査で自分の甘さを感じた人は、もう少し社会にストイックになる必要があります。非常に非情ですが、お金はチームで稼ぐ物で、誰かに頼っても稼げません。

 



関連する記事

▲次の記事:地域別嘘をつけない人が多い都道府県とは?
▼前の記事:RED BULLに330mlの大容量が登場するぞ!モンスターエナジーとどっちがお得??



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map