トップ  >  一般ニュース  >  米軍反対、オスプレイ阻止。ニュースが言う沖縄県民の声と実際の声(一部)

                    

米軍反対、オスプレイ阻止。ニュースが言う沖縄県民の声と実際の声(一部)

2013.04.19 (Fri) |  一般ニュース

オスプレイ画像
Via:uncorrelated

沖縄の米軍反対派の運動が過激かしているようです。普天間飛行場ゲート前 沖縄では報道されない過激な抗議活動というニュースが報道されています。

僕が実際に聞いた沖縄の方のお話とニュースが言う報道の相違を記事にしようと思います。

 「反対派の抗議活動は激化している。(米兵の)通勤時間帯を狙って集まり、車に砂や土を投げつけたり、道路に寝そべったりして、暴力的、攻撃的な嫌がらせ、通行妨害などの行動に出るものもいる」


悲痛な沖縄の方の思い。思い返せばオスプレイ事件から女性に関する事件、その他後が絶えない米軍兵による事件・・・確かに反対派の意見も分かります。

 “事件”が起きたのは3月27日午前10時半ごろ。同飛行場の警備を担当しているパトリック・アダムス氏(50)が、野嵩ゲートで反対派の活動をチェックしていたところ、2人の男性が突然、走り寄ってきて、1人がいきなりアダムス氏の左胸をめがけて殴りかかってきた。同氏は反撃せず、全治1週間のけがを負った。


抗議活動が過激化しているようです。人が人を傷つけてしまうという悲惨な事件が。先にやった方が悪いのか・・・確かに先にやった方が悪いですが、罪の無い人を傷つけてしまうのはテロ行為だと僕は思うんです。

米軍の味方か?!と言われてしまうかもしれませんが、そういう訳じゃありません。人を傷つける行為はアメリカだろうが沖縄だろうがダメです。更に、反アメリカ意識は実際に沖縄にあるのか??と沖縄の人に、失礼ながら先日取材したのですが・・・

「そんな事は無い。アメリカマネーが大なり小なり沖縄を支えている」や「日本人だって罪を犯す。人口比率という大きな枠で捉えると米軍が悪い訳は無い、人間が悪い」更に、「沖縄に移民してきた人が吠えてるだけ。原住民は米軍だから罪をフォーカスするような性格では無い」

という意見が多くを占めていました。

これを読んだ沖縄県民の方の想いは様々でしょう。メディアも面白可笑しく沖縄の事を報道し過ぎでは無いかと言う事です。この記事の引用元も沖縄県民が米軍に暴力を奮いました!!!!と、言う事にフォーカスしています。

そんな報道をメディアが続けるようじゃ米軍問題はどんどん間違った方向に向かうような気がします。政治も含めて。

 



関連する記事

▲次の記事:浮気をする旦那(夫)を持つ妻・嫁・の特徴。旦那と呼んではダメ??
▼前の記事:ファミリーマートの冷凍醤油ラーメンを喰らう!



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map