トップ  >  夫婦  >  浮気をする旦那(夫)を持つ妻・嫁・の特徴。旦那と呼んではダメ??

                    

浮気をする旦那(夫)を持つ妻・嫁・の特徴。旦那と呼んではダメ??

2013.04.19 (Fri) |  夫婦

画像夫婦

い・・・イヤー!!!!あなた不倫してたのね!私の旦那浮気してるかも・・・ふぎょーー!!!!!

スイマセン、取り乱しました。夫の呼び方が浮気を招く!? 当たり前に使う○○が実は危険という刺激的な記事を発見。結論から言うと、夫を旦那と呼ぶ家庭の不倫率は高いそうです。

パートナーの浮気に悩む方が使う、呼び方でダントツに多いのが、“旦那”なのです。「旦那が浮気した」「旦那に目を覚まして欲しい」という呼び方ですね。もちろん、「主人に目を覚まして欲しい」「元の夫に戻って欲しい」という使い方をされる方がいるのも事実ですが、それでも“旦那”という言葉を使う方の浮気遭遇率は群を抜いて多いのです。


旦那と呼ぶから浮気・不倫をするという訳では無いようです。しかし、確率論で言うと何故か”旦那”と呼ぶ家庭の夫の不倫率が高いという残酷なアンケート結果に。何故に??

旦那と呼ぶ妻のパワーに問題


この旦那パターンの場合、夫婦間に置いて、奥様側がパワーバランスを取っている傾向が強いケースです。

「うちの、旦那がさ~」「旦那が早く帰ってこないのよね」「ホント、あの旦那にはまいるわ」という話し方が多く、所謂、夫婦間において横並びの関係より若干、夫を下に見ている様子がうかがえます。


姉さん女房、奥さんが家庭を牛耳っている傾向がある、そんな家庭の旦那不倫率が高いようです。どうやら旦那はそんな日々の疲れをお外で癒したくなる傾向があるようです。

逆に不倫をしない夫の呼ばれ方



旦那に様を付けるパターンの場合、夫婦関係において、奥様が好きという思いが強く、あくまでも従順という姿勢が強い場合に現れる傾向です。

そのため、「旦那様が、まさか浮気なんて……」というように激しい落胆や、時として嗚咽を伴う涙が出ることもあります。夫に対する、愛情が深く依存傾向に陥っている方が多いのがこの旦那様パターンになります。


旦那の方が強い立場である場合は不倫をされる確率が統計学(疫学)でいうと低いそう。では、逆にこの場合は妻が不倫に走るのか・・・??(゜o゜;

とりあえず結論


自分だけが正しい!!!アイツは弱い!!!この人強い!!!みたいな家庭は今時では無いのかも??お互いを尊重しあう事が大切です。

 



関連する記事

▲次の記事:ウイスキーは太る?太らない?アルコールと肥満の因果関係
▼前の記事:米軍反対、オスプレイ阻止。ニュースが言う沖縄県民の声と実際の声(一部)



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map