トップ  >  食べる  >  日清Gootaからデミハンバーグ味発売へ 大判ハンバーグが乾燥具材とは思え無い

                    

日清Gootaからデミハンバーグ味発売へ 大判ハンバーグが乾燥具材とは思え無い

2013.04.22 (Mon) |  食べる

2013-04-22-162643.jpg

日清のGoota(具多)からデミグラスハンバーグが具になったデミハンバーグ麺が5月7日からリリースされる事になったようです。大判ハンバーグ入りカップ麺、乾燥具材とは思えないボリューム感。という記事が報道に。ラーメン愛好家、並びにラーメン博士、並びにラーメン栄誉賞受賞者(自称)の僕からすると要チェックなこのニュース。もっとも、懐事情が脆弱な僕に高級なカップ麺など石原さとみ程に高嶺の花である訳ですが、とりあえず要チェケラ!

メイン具材の大判ハンバーグは、お湯を注ぐだけで大きく、ふっくらと戻り、乾燥具材とは思えないほどのボリューム感。これを実現できたのは、同社がこれまで培い、進化させてきた「太い麺をお湯で戻す技術」が背景にあるという。


んーーー気になる。そうなると、近い将来お湯で戻すだけのハンバーグが新発売される日も近いのか?安くてお湯で戻せる乾燥ハンバーグ・・・価格が抑えれるなら需要はありそうです。消費期限も水分を飛ばす分長く出来るだろうし、買い置き以外にも、緊急時のライフラインに役立ちそう。冷蔵も必要無くなる訳ですから。

これはちょっと食べてみたいぞ!5月7日発売と言う事で、ゴールデンウィーク開けで御座います。


厚切りチャーシューのGootaも興味あるけど喰った事無いんですけどね。

 



関連する記事

▲次の記事:インターネットで人はバカになる?
▼前の記事:合コンで女性から質問されて不愉快だった言葉ランキング



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map