トップ  >  お金のこと  >  食費を抑える賢いやりくりは献立を決めるな!

                    

食費を抑える賢いやりくりは献立を決めるな!

2013.04.23 (Tue) |  お金のこと

そっくりサンプル携帯ストラップ(焼きそばパン)


献立を単位で決められ奥さんって凄いわよね・・・でも!節約したいならその逆を行け!ラクして1ヶ月の食費を12,500円にする方法(3-4人家族)ではこう書いていたぞ!一気にまとめます。

献立考える奴程食費を無駄にしている・・・?!

実際に、どのようにすれば食費による家計gは助かるのか?まず紐解いて行きます。

◎ 基本1:献立は決めない

今まで、献立を決めて、買うものをきっちり書き出してスーパーへ行き、無駄なものは買わない、というのが節約の基本だと思っていたのですが、実は大間違いでした。」


何故かというと、スーパーが勝負にでたい激安設定の商品も献立がはっきりしている事で買い逃してしまうからなんだそうです・・・序の口ですね。知ってますと言いたい所。他には何だ??


◎ 基本2:買出しは1週間まとめてする

これは毎日スーパーにいくのが面倒というのが一番の理由なのですが、毎日いくと、お菓子などあまり必要がないものでも買ってしまいがちだから、です。


分かってはいるのですが・・・毎日行けば行くほどに買うのがお菓子。一個100円だったとしましょう。毎日行けば3000円。隔日で行けば1500円です。確かに、これは節約の余地がある。


肉2日、魚3日、卵や豆腐、ベーコンなどで対応してしまう日を2日、合計7日間のメインの料理のたんぱく源を購入します。

適当にスーパーに行った日に安くなっている魚などを買うとよいでしょう。


実際にそこまで頭を使っていなかった訳ですが、食費って節約すれば万単位で節約できそう。それを我慢したら生きてる楽しみも無いってもんよ~!って考えも分かりますが、我慢すると他に好きな事に充てがえるお金が少なからずどころか、結構な額で増えそうです。

 



関連する記事

▲次の記事:女性にお前と言う男子要注意。女性はお前と言われる事を嫌う
▼前の記事:1つの貯金のコツ、給料口座と貯金口座は別へ



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map