トップ  >  海外・外国  >  北朝鮮でホームレスの写真を撮影したアメリカ人が死刑の危機に直面している件

                    

北朝鮮でホームレスの写真を撮影したアメリカ人が死刑の危機に直面している件

2013.04.30 (Tue) |  海外・外国

c1bb9921.jpg

何だかニワカに信じられないニュースが。北朝鮮でホームレスの子供の写真を撮ったアメリカ人が死刑の危機に…海外の反応はという記事にて、アメリカではすんごい反応を巻き起こしています。一体何故にそんな不測の事態になってしまったか?

速報です。


正式に罪状は発表されていないものの、北朝鮮側によると、「この44歳の男性は北朝鮮に悪意を向けて国家を転覆させる行為をした」と伝えています。


この男性は最悪死刑、もしくは無期刑(永遠の労働)になる可能性があると報じられています。あまりに残酷で人権を無視した懲罰と言えます。僕は北朝鮮に旅行に行ってみたいとこのブログに書いた事がありますが、その気持は変わってはいないものの、とりあえず前言撤回。マジでヤバイです。

みんなの反応を以下に引用します。

●そんな些細なことで、このアメリカ人が処刑されると決まったら、アメリカはどうするつもりだ?

●糾弾しはじめるだろう。まず国連の認可を求めて、そこからだ。

●どっちかって言うと、北朝鮮が処刑しないでやる代わりにもっと制裁をゆるくしろと国連に求めてくるだろう。

●身代金に近いな。アメリカは個人のためには賛同しないだろう。

●米国はかなり重く受け止めているさ。自分たちじゃなく他人がアメリカの血を傷つけるなんて許さない。

●しかしこの男はまたなんでそんなことをしたんだ。自分は韓国の両親を持つアメリカ生まれだが、それでさえ北朝鮮の目には最悪に映るんだよ。

●もっとみんなを自由にしてやるんだ。

●またタイミングの悪い時を狙って北朝鮮に行ったんだな。

●↑タイミングのいい時なんてあるかい?

●↑ないよ、でもタイミングの悪いときよりもマシな時ってのはある。

●↑きっと火曜日ならいいんだな。

●ホームレスの子供の写真が国を転覆させるというなら、もう倒れかけなんだと思うのだが。

●単に何も写真を撮って欲しくないんだよ。

●悪いことじゃなかったら気にしないぞ。悪いことや貧困じゃなかったらね。国を去るときに電話やカメラをチェックしているよ。もし写真をなんとか撮れたら外付けのSDカードに簡単に隠せるけどね。

●「犯罪の証拠はある」というところに笑ってしまうんだが……。

●もし僕がその男性だったら、誰かに救助しにきて欲しいと思うよ。

●そもそもが、なんで北朝鮮なんかに行くんだ。行くのが間違ってる。

●↑自分は北朝鮮に行ってみたい。きっとスターリン時代を思い出すよ。

●これが理由でホリデイに北朝鮮には行かない。


アメリカの市民が処罰されると・・・アメリカはそれでも黙っているのでしょうか?怖いなー長距離弾道ミサイルも取り沙汰されていて、日本が一番の標的だし(韓国は自国の領土と主張している為、攻撃する事は少ない)アメリカは遠いし。日本ヤバイ。あ、ちなみにアメリカの最新のジェット機は1時間ちょいでアメリカから日本に着く事が出来るそうです。音より早いらしい。あんな鉄の塊が。すげー技術の進歩半端無い。けど・・・テポドン撃たれると1時間じゃ間に合わないよ(´・ω・`)

あー怖い!

 



関連する記事

▲次の記事:JR三宮駅近く源屋で博多屋台味ラーメンを喰らう!
▼前の記事:放っておいて欲しいという男の本音とは?その対処法



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map