トップ  >  子育て  >  こどもの日って男の子の日?それとも男女平等なの?

                    

こどもの日って男の子の日?それとも男女平等なの?

2013.05.05 (Sun) |  子育て

画像子供家族

今日は5日5日という事でこどもの日であります。もしくは男の子日って認識の方が僕は強いです。鯉のぼりとか節句とか・・・でもですね、今日ワイフに言われたんですよ。

「子供の日なのにうちは何もしないの??」うちは女の子2人という男性1名、女性3名というかなぁり男性が不利な立場にいる家庭です。は、どうでも良いですが、こどもの日って女子のお祝いもするんですか?ちょっと調べてみます。

こどもの日と男の子の節句はそもそも別




5月5日は「端午の節句」といって男の子の健全な成長を祝う日でしたが、1948年に定められた国民の祝日法によって「こどもの日」として広く親しまれるようになりました。

当初は、桃の節句3月3日や、学年が始まる4月1日という案が出ていましたが、3月3日では北海道などではまだ寒すぎる、4月1日はエイプリルフールと重なってしまうと言う理由で却下されたようです。


何故にそうなったのかは、謎ですがいつのまにか子供の日になったようです。あるサイトでは太陽暦が・・・なんてありましたが、信ぴょう性に欠ける気がしたのであえて書きません。

桃の節句は祝日ではありませんが、男の子の節句は祝日です。男女平等では無い、男尊女卑を回避する狙いがあったのかもしれません。

ちなみに最近では女の子のみの家庭も鯉のぼりをあげるそうです。女家庭だから・・・では無く次のこどもの日は何かしてあげてもいいかも??家族が盛り上がる行事のキッカケになるかも??

 



関連する記事

▲次の記事:男が分からないと思う理解出来ない女の生態
▼前の記事:時代を感じさせるジェスチャー。指でバツ作って「おあいそ」



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map