トップ  >  ファッション  >  アバクロが太った人には服を買って欲しく無いと明言した件

                    

アバクロが太った人には服を買って欲しく無いと明言した件

2013.05.11 (Sat) |  ファッション

アバクロ メンズ Abercrombie&Fitch 水着 Morgan mountain サーフパンツ スイムパンツ ネイビー【並行輸入品】

アバクロの本社が太った男女には自社の服を買って欲しくないと言及しました。アバクロはデブお断り XL以上の女性服は作らないポリシーに非難という記事がニュースに。僕もアバクロのTシャツを2枚程所有しておりますが、さすがUSサイズ大きいです(´・ω・`)

とりあえず内容をチェケラ!
「どの学校にもクールで人気者のグループがいる。はっきり言っておこう。僕らはその人気者をターゲットにしているんだ。魅力的で、友達が多く、態度のいいアメリカ人らしい子たちを狙っている。我がブランドを着るに値しない人は多い。排他的かって? もちろん」

この理論の原点は、他社メーカー(ブランド)はデブでも若者でも年寄りでも細くても万人に受け入れられる服を作って売上を伸ばそうとするからダメなんだ、ターゲットを絞れ!から来ているそうです。

その言い分も分かるのですが・・・カッコイイ人が着れば多少ダサくてもカッコよく見える気がする・・・言ってる事は立派だけど、若干、デザインに自信の無い逃げの姿勢にも聞こえます。

アバクロは「うちのブランドを着ないでくれれば金を払う」とオファーを出すほどイメージが損なわれることを嫌った。

メディアに出た人物がアバクロ着て太っていた、そいつに金を払うから金輪際アバクロを着るな!とオファーを出したそうです。

男性服ではXL、XLLがあるが、これは太った人のためではなく、フットボールやレスリング選手など筋肉隆々の人のためらしい。

女性はX迄の販売だそうです。

 



関連する記事

▲次の記事:最近芋焼酎が好きになった僕。もとは芋焼酎が嫌いで麦好きだった30歳の僕
▼前の記事:中国人民日報の新本社ビルの形がアレ



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map