トップ  >  海外・外国  >  中国、大気汚染が原因?人気者の8本脚の牛蛙や踊る4本脚の雌鳥

                    

中国、大気汚染が原因?人気者の8本脚の牛蛙や踊る4本脚の雌鳥

2013.05.22 (Wed) |  海外・外国

画像工場

もう数年以上前から、高度成長期から先進国に、強いては日本を抜き経済大国第二位と大きな進化を遂げた中国の、その経済発展のスピードが早すぎたか-大気汚染が深刻な問題になっています。かつての日本もそうだったのでしょうが・・ここまで酷かったか?中国で異形動物続々 人気者の8本脚の牛蛙や踊る4本脚の雌鳥という記事が報道されておりましたのでご紹介です。
福建省泉州市にあるレストランで発見された8本脚のウシガエルは、レストランの人気者になったとか。山東省煙台市で育った4本脚の雌鶏は、ご主人様の腕の上でダンスをするように仕込まれている。
 他にも、江蘇省連雲港市の養鶏場でが4本脚のヒヨコが誕生。不思議なヒヨコの姿を見ようと、多くの村民が押しかけ話題となった。

ちょっとありえません。異常です。日本でもあるのでしょうけど、中国のこの光景は氷山の一角だと判断出来ると思うんですね。

しょっちゅう聞きますよ。二本足の生き物が4本足で誕生する事なんて。慣れてしまったからなのか・・それは見世物となるようなんです。

更に、

。動物園に売ることもできるし、見物に来る人からお金を取ることもある。そもそも彼らは骨が曲がって反り返った魚でも、平気で食べていますし


既に奇形も胃に入ってしまえば関係無いんだとか。奇形が生まれると言うことは大気汚染、つまり人体に悪影響が必ずと言っていいほど及ぼすはず・・というか、そんなん考えないの?

そうなると、メイドインチャイナはちょっと・・・だって、最近のニュースではラム肉(羊)を偽ってネズミの肉で売ってたそうですよ。何十社も。
※中国当局に摘発されたようです。

こえ~。

 



関連する記事

▲次の記事:北朝鮮のミサイルが連続投下!おい待て、打たれる前は散々ニュースに出てたのに打ったらメディアは放ったらかしな件
▼前の記事:スマホの電源は一日一回切れ!キャッシュがクリアになり快適な使用感が蘇る



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map