トップ  >  政治  >  安倍内閣で天下り完全復活へ。官僚OBの天下り完全復活で民間人はゼロ

                    

安倍内閣で天下り完全復活へ。官僚OBの天下り完全復活で民間人はゼロ

2013.05.30 (Thu) |  政治

安倍晋三


毎度、安倍内閣不信任な@kobe_masayan(神戸のまさやん)です。

株価や為替は投資家のマネーゲームがいいように作用して、上向き傾向ですが景気の本質的な回復は今後何年にも渡る政治手腕が必要となります。

確かに最初のパフォーマンスは素晴らしかったですが、ここから先が政治手腕の見せ所です。(主観的な意見ですが、景気の為に何かした訳では無い安倍総理にあまり信用は持ててません)

独立行政法人トップ 官僚OBの天下り完全復活で民間人はゼロという記事では天下り大歓迎ムードな内閣が浮き彫りに。身内を固めて自身のパフォーマンスを向上させるのが狙いだと考えられます。
12法人(役員13人)で「役員公募」が行なわれたが、「年収1900万円」の日本貿易保険理事長には経産省の元審議官が選ばれ、全国で青少年自然の家を運営する国立青少年教育振興機構理事長(年収1500万円)には元文部科学審議官が再任、種苗管理センター理事長(年収1300万円)には農林水産省東海農政局長が選ばれるなど、官僚OBの天下りが完全に復活し、なんと民間人の登用はゼロなのだ。

消費税1%アップで凡そ2兆円の税収があがるそうです。実際の国民の消費力を考慮すると減収するという噂もありますが、消費増税の約1%は天下りポストへの人件費に還元される仕組みになるようなんです。もっとも、消費増税を決定したのは前野田内閣ですが。国益を、と言う意味では僕は民主野田総理に一票を捧げます。

(純民間人の役員起用がなかったのは)今回はたまたまそうなっただけです」と、なんとも苦しい言い訳を繰り返した。

どっちでもいいんですがね、物心ついた頃から政治はフラフラしてましたから。

こういった悪い所を見てしまう、また取り上げてしまう民間にも悪い所があるのでしょうが、それにしても税金で腹を肥やす人間が多すぎます。正義に溢れる人間に任せたい・・・じゃー自分が志せという訳なんですが、そういう意味では自分もひ弱な精神力しか持たない不平勢でしか無いのでしょう。

いつからそんな人間になったのかな・・・俺。

 



関連する記事

▲次の記事:マクドナルドの宅配サービスが関西にも提供開始へ。6〜7月に大阪・京都・兵庫へ展開。
▼前の記事:【悲報】トイレに流された新生児、奇跡的に救出…中国



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map