トップ  >  ▼お酒の豆知識  >  二日酔いになり難い食べ物・飲み方の忘備録

                    

二日酔いになり難い食べ物・飲み方の忘備録

2013.06.09 (Sun) |  ▼お酒の豆知識

お酒

毎度!@kobe_masayan(神戸のまさやん)です。

毎日のように二日酔いな僕は稀な例ですが、飲み会や深酒をしてしまった次の日は「もーアルコールいらない」なんて思ったりするはず。しかしながら、飲む機会は無条件でやってきますよねー。

二日酔いに何とかならない方法はないか?なんて思ってググってみると、忘年会対策!お酒にまつわるウソ・ホントという記事がありまして、少し古い記事ではありますが、参考にしてみようと思います。
コーヒー、お茶、チョコレートに含まれるカフェインはアルコールの分解を助け、中枢神経を刺激して興奮させてぼーっとした状態から抜け出る手伝いをします。

また、昔から言われることですが、柿に含まれているカタラーゼという酵素は、アルコールの分解を進める効果があります。また、柿に含まれるタンニンやペクチンもアルコールの吸収を抑える作用があるようです。

酒飲みに柿は食わせるなという言葉があったり無かったりですが、これは酔えなくなるからというのが語源。それほどに強力な働きをするようです。柿。

呑みの席に柿と出くわす可能性って低いんですけどって話しですが。

食後のコーヒーって酔い覚ましに効くって事は再認識出来たって感じですね。

とにかく呑みの最中に水分(お水、お茶)を同時に摂取する事が肝要のようですが、ビタミンCを飲酒前に摂取したりツマミにトマトを食べておくと二日酔いになり難いそうです。

特にトマトは以外と効果は高いんですって!お試しあれ!

 



関連する記事

▲次の記事:稼ぎ頭は母親?米国で過去最高の40%、共働き夫婦増加の傾向
▼前の記事:全卵を使ってカルボナーラを料理、作る方法



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map