トップ  >  夫婦  >  稼ぎ頭は母親?米国で過去最高の40%、共働き夫婦増加の傾向

                    

稼ぎ頭は母親?米国で過去最高の40%、共働き夫婦増加の傾向

2013.06.09 (Sun) |  夫婦

画像カップル

毎度!@kobe_masayan(神戸のまさやん)です。

旦那が働き家事は妻・・・の時代はもう完全に終わってしまったのか?!「稼ぎ頭は母親」の家庭、米国で過去最高の40%に=調査という記事について。

しかし妻が稼ぎ頭が40%って・・・アメリカの旦那はどうしてしまったんだ(´・ω・`)
米国ではシングルマザーの家庭は子どもがいる全家庭の4分の1を占め、女性の約半数が就業。同機関によると、子どもを持つ既婚女性の就業率は、1968年には37%だったが、2011年には65%に増加したという。

いわゆるシングルマザーも含めての調査だったらしい。しかし共働の夫婦が数十年の間で倍になってしまったのですね。65%の家庭が共働きって僕の感覚からいくと高い割合水準に思えます。

日本ってどうなんだろうか??

共働き夫婦のこづかいの額と管理法

夫のこづかい額が上がるほど共働き率が高くなるようです。夫のこづかいが10万円以上のケースでは、共働きが43.8%、妻がパートの場合が15.6%、専業主婦が28.1%、夫が無職またはパートが12.5%となっています。

ケースがケースですが・・・10万円以上の小遣いって(´・ω・`)逆に旦那1人の稼ぎなら文句無しですが、共働きしておきながら贅沢な・・・と思ってしまいますが、日本ではアメリカ程は共働きが浸透していないようです。

 



関連する記事

▲次の記事:裸で街を自転車で走る、自動車依存社会へ反対を訴える
▼前の記事:二日酔いになり難い食べ物・飲み方の忘備録



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map