トップ  >  コミュニケーション  >  独身が普通じゃなくなる日。

                    

独身が普通じゃなくなる日。

2013.06.11 (Tue) |  コミュニケーション

画像女性音楽1人寂

どうも。@kobe_masayan(神戸のまさやん)です。

毎年、20代後半から40歳にかけてでしょうか、だんだんと周りが結婚していきます。最初は結婚したんだーお前がね~なんて言っても、40歳近くなると「え、何?まさか結婚してないとか?」なんて逆転の発想になってしまいますよね。僕は30歳でして、結婚は23歳の時でした。「あのコニシ(実名)が結婚?!早くない??!」何て言われたもんですが、いまじゃ未婚者を見つけるに逆に苦労するくらい周りは結婚しました。

いつの間にか独身が普通じゃなくなる日、その理由や心理って??
「たまたま、いい相手にめぐり会えなかったから独身」と、自分では思っていても、だんだん周りの人たちが「なんで独身なの?」とツッコむことをためらう年齢に、私自身がなってきたのです。

むしろ独身者に対して「何故独身??」と質問する事自体が失礼なような・・・そんな年代になってくるんだそうです。なんで普通じゃないの??そう思うのは何の心理から??

結婚している人たちの話を聞いていると、自分には、「深い人間関係という人生経験」が、圧倒的に足りていないのでは、と思えてくるのです。「普通」にならなくてはいけないとは思いませんが、何かとても大事なことを経験しそびれているような、そんな焦りを感じます。

自分は結婚しているから・・分からない部分もありますが、大手企業であれ、既婚者で無いと責任ある仕事を任せる事が出来ないというある種の偏見を持った企業も存在しているようです。お隣の国の韓○という国のサ○ムスンとか。

まーそれが間違ってるとも言いませんが、独身者と既婚者の実力を分け隔てるのもどうかと思いますけどね。

独身者を羨むのが既婚者、結婚を夢見るのが独身者、無い物ねだりな所ってありますよ。

 



関連する記事

▲次の記事:容疑者の妻と飲酒、警部減給処分へ、青森県警
▼前の記事:ハゲ注意!シャンプー選びで抜け毛促進につながる可能性。AES界面活性剤に注意!



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map