トップ  >  一般ニュース  >  容疑者の妻と飲酒、警部減給処分へ、青森県警

                    

容疑者の妻と飲酒、警部減給処分へ、青森県警

2013.06.11 (Tue) |  一般ニュース

容疑者の妻と飲酒=30代警部を減給処分-青森県警という記事について。

勾留中の男性容疑者の妻と酒を飲むなど信用失墜行為があったとして、県警本部所属の30代警部を同日付で減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にしたと発表した。

容疑者男性の妻と警部がお酒を二人きりで酌み交わしたという話し。何だかイヤラシイですね~。
4月ごろに男性から県警に「妻が捜査関係者とメールしているようだ」との電話があり発覚。警部は「女性に同情してしまった。配慮が足りなかった」などと話しているという。

服役中なのかな?の男性からのリークにて発覚したとの事です。なんだかなー下心あったんじゃいの??って感じに思えてしまう。当人ら同士にどんな事情があって、妻がどんな容姿・・・だったかは関係無いか。

警察の不祥事って目に止まってしまいます。それだけ責任ある公務なのでしょうけど、やっぱ人間なんでしょうねー。

減給は1ヶ月間10分の1という事です。うお、地味に切ない。

 



関連する記事

▲次の記事:幸せになる為の法則。マーフィー博士と東進ハイスクールの林修に学ぶ。いつ幸せになる?今でしょ!
▼前の記事:独身が普通じゃなくなる日。



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map