トップ  >  生活  >  オバサンだと感じてしまう服のファッションセンス

                    

オバサンだと感じてしまう服のファッションセンス

2013.06.12 (Wed) |  生活

画像オバサン

ども、@kobe_masayan(神戸のまさやん)です。


表題の内容なこの記事ですが、女性がしていたら「オバサンくさい」と感じてしまうファッションへのこだわりランキングというのを発見しました!


中年の歳になった30歳の僕、そのオバサンもストライクゾーンに入る○☆☓▼はどうでも言い訳ですが、オバサンな瞬間はどんな感じ?ランキング形式でご紹介です。
1位 スカートの時でも膝丈のストッキングを履く

2位 体型を隠すような長めのトップスばかりを着る

3位 オーバーサイズのテカテカダウン

4位 バッグはブランドが一発でわかるモノグラム

5位 カーディガンは袖に手を通さず肩にかける

6位 グレーや茶色など地味な色の服を選ぶ

7位 冬は体型をカバーしてくれて暖かいダウンコートしか着ない

8位 バッグにいくつもアクセサリーやマスコットをぶら下げる

9位 必要以上にぴったりした服を着る

10位 足が疲れないよう、1センチくらいの低いヒール


感性が男性なだけに(根っからの男性です!)ちょっと感覚が分かり兼ねますが、4位のバッグがブランドが一発でわかるモノグラムというのがランクイン。これは正に・・・ルイ・ヴィ○ンのあれか??僕の高校の時は皆がこぞってバイトで貯めた金で買ってたものですが・・・今は違うんですかね??


電車で高校生を見るとヴィトンの財布やバッグをこれ見よがしに持ってる人は見ます、が、確かに少ないですね。なるほど、ブランド=他人からの羨望という方程式が崩れていて、それに頼ってしまうのが年食った人間の末路という事か・・・

他のランクは十人十色ですね、オーバーサイズの服を着る、ピッチピチの服を着る、時代背景に乗った意見では無いでしょうか。

個人的に印象に残ったのはやはりブランドの価値観です。確かに、ブランドで着飾っても年収数百万円(500は最低)無いと意味ないような気もしますし、貧乏人がブランドを買うと金銭感覚を疑ってしまいますし、そもそもブランドの意味無いですからね。(そもそもブランドの意味って何なんだ??)

 



関連する記事

▲次の記事:サザエさんの像が課税対象へ、波平は最後の毛を抜かれていた
▼前の記事:幸せになる為の法則。マーフィー博士と東進ハイスクールの林修に学ぶ。いつ幸せになる?今でしょ!



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map