トップ  >  小ネタ  >  サザエさんの像が課税対象へ、波平は最後の毛を抜かれていた

                    

サザエさんの像が課税対象へ、波平は最後の毛を抜かれていた

2013.06.12 (Wed) |  小ネタ

sn2013061218_50.jpg

毎度!@kobe_masayan(神戸のまさやん)です。

サザエさんの像に課税するだとーーー!!!!金欲しさ半端ないぞ!な件です。「サザエさん」銅像に課税 住民も戸惑いと驚き 東京・世田谷区という記事が報道されています。え??東京都て儲かってじゃないの??
サザエさん一家の銅像にかかる税額は、初年度は、およそ55万円。
今後、45年間で、総額およそ980万円を支払わなければならない。

そもそも、これが区の所有物であったり、美術品と認められていれば非課税だったそう。それが、今回のジャッジにてPR道具だから税金納めておくれ、という事になったそう。この像を建てた総工費はナント!4000万円。これは町内会から出費したらしい。市民がまちおこしをする為に痛みを伴って出費したものです。


なんだか納得行かない課税対象です。大体、金額が大きいです。

同じ葛飾区の「こち亀」の銅像は、いずれも区が所有しているため、税金はかかっていない。

本来であれば税金はかからないんだそうです。何故、今回税金がかかってしまったのか?境界線が曖昧なところもあり、市民から不満の声もあがっているようですが、現在は弁護士を通して話し合いがもたれているそうです。

ちなみに4000万円は200人の町内会から捻出されたようです。更に、この像、一年前に波平さんの頭の唯一の毛は抜かれているようです。

 



関連する記事

▲次の記事:歩き煙草する人間は「最低」菜々緒さんの怒りはTwitterへ
▼前の記事:オバサンだと感じてしまう服のファッションセンス



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map