トップ  >  コミュニケーション  >  TwitterやFacebook利用者はナルシストが多い

                    

TwitterやFacebook利用者はナルシストが多い

2013.06.15 (Sat) |  コミュニケーション

dhjshdjhkdhs.png

毎度!@kobe_masayan(神戸のまさやん)です。

僕はブログの更新情報をTwitterとFacebookで利用している程度ですが、実際には結構みんな使ってますよね、SNS。僕自身ブログ用と個人用のアカウント、2つもってますが個人のアカウントは既に幽霊化しています。

大学研究者「Twitterをよく使う若者はナルシスト」「Facebookをよく使う中年もナルシスト」という記事では、頻繁にソーシャル・ネットワーキングを使用している人たちの特徴、心理について書いていましたので、ご紹介です。

10代のTwitter利用者はナルシスト



Facebook よりTwitter によく投稿する学生は、自己顕示癖や優越感などが強いナルシシズムの傾向にある。「若い人たちは、Twitter を通して彼らのソーシャルの輪を広め、幅広い話題や問題について自分の意見を拡散しようとしています」


中年のFacebook利用者は他人に認められたい



中年のユーザーは、他人に認められたい欲求を満たすためFacebook に頻繁に投稿すると結論づけた。パネク氏によれば、中年ユーザーはすでに自分のソーシャルの輪のなかにいる人たちから賛同を得るために、ソーシャルメディアを利用するのだという。



Facebookって昔の友人マジで見つかる!元恋人とか普通に友達かもリストに載ってますもんね。むしろ名を連ねますもんね。マジで。携帯の番号消してるのに・・・って少し話しが逸れました。

人と人と繋がる為のSNS。いつのまにか自己顕示欲を満たしたり自己愛を増幅する為の手段になってしまうケースもあるという・・・何とも皮肉な調査結果です。

 



関連する記事

▲次の記事:川越シェフ、食べログ評価に年収300~400万円の人は評価できないと意見元高級料理人「まったくその通り!」
▼前の記事:1日8時間睡眠が良いは嘘?ベストは7時間半



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map