トップ  >  健康  >  睡眠不足は太る原因。睡眠と肥満の因果関係

                    

睡眠不足は太る原因。睡眠と肥満の因果関係

2013.06.25 (Tue) |  健康

睡眠不足

毎度、お腹だけ出てきた中年、@kobe_masayan(神戸のまさやん)です。

題名の通り太る原因についてです。僕は睡眠時間は多い方ですが、出張になると3時間くらいしか寝れない日が続いたり残業が続くと会社に13時間以上いる事なんてザラです。休みも無い。やめてやる!は感情論なんでどうでも良いとして、「睡眠不足だと太る」学者が発見したその原因→「空腹ホルモンが増える」という、知っていはいたが、やはりそうなのか!な記事を発見しました。
睡眠が足りないと、欲しい!食べたい!という感情を調整している血液中の分子「2-アラキドノイルグリセロール(2-arachidonoylglycerol, 2-AG)」が増加するそうです。

また、睡眠不足時には空腹ホルモンと言われるグレリンも血中から検出された事が研究で明らかに。

また、太るという見た目だけで無く、糖尿病にかかる恐れもあるという話しです。残業が続いてしんどそうな人、普通は痩せているイメージですが、廻りを見渡すと確かに仕事にストイックな人って太ってるケースが多い。

仕事量での睡眠不足というカテゴリには他にストレスによる暴飲暴食の危険性もあり、百害あって一利あるくらいの話しです。某ワタミの社訓では365日24時間死ぬまで働けというスローガンもありましたが、折角育った社員も戦線離脱してしまうようでは社員教育費も無駄になってしまいます。

仕事も良いけど自分の時間を大切に。太ると色んな弊害が出ますよ。

 



関連する記事

▲次の記事:ぶっちゃけ女子のショートパンツって男性から見てどうなの?
▼前の記事:【動画あり】コーラや炭酸飲料をフローズンドリンクに変える超簡単な調理方法!



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map