トップ  >  アフィリエイト・アドセンス  >  アフィリエイトは楽して稼げるものでは無い。時間と労力をかけた者のみが稼げる

                    

アフィリエイトは楽して稼げるものでは無い。時間と労力をかけた者のみが稼げる

画像砂漠車
ども、@kobe_masayan(神戸のまさやん)です。

Googleアドセンスや楽天アフィリエイト、AMAZONアソシエイトとネットでお金を頂くシステムは在庫や広告費が無くともある程度システムが揃う世の中になりました。

しかし、いざアフィリエイトプログラムに気軽に参加していきなり数万円稼げるか?これは、かなぁり難し問題なんですね。
自他共に認める日本一のブロガー、NETAFULLのコグレマサトさんが【アフィリエイト市場調査2013】アフィリエイトは楽して簡単に稼げるものではなく時間や労力をかけ継続して取り組む事で高い成果を得られるという記事ではこのように書いています。

月3万円以上のアフィリエイト収入があるのはわずか2.4%で、アフィリエイターの約8割が1,000円未満の収入ということです。


という意味では当呑みネタでは月に一万円以上の利益を何とか出しているので、2割側の人間という訳でしょうか。では、月に3万円以上稼ぐ為のアフィリエイトの労働力とは?

『1年以上のアフィリエイト経験があり、平均6.3サイト(ブログ含む)を運営しており、毎日約3.1時間をアフィリエイト活動に費やしていて、レンタルサーバーや独自ドメイン、商品購入等に毎月5,000円前後の経費をかけている』


僕には出来ません。サーバー費はFC2で毎年3000円程度、一日にブログに3時間以上なんて仕事と家庭で考えると無理だし、1人の人間が6個もブログ(サイト)を持つ、それでようやく月に3万円稼げるらしい。いやー、そもそも金の為にブログを書こうとすると、途中で必ず挫折するのでしょうね。ネタフルでは別の気になる記事も。

多くの人は3年間は続けられないんですよ。毎日書く。ブログを書く。ただそれだけのことなのですが、やっぱり3年間は待てないんですね。
Via:「ブログ初心者だったけど3年間毎日書き続けたら本を出版できるまでになりました」と嬉しいメールを頂きました!

石の上にも3年ですかね、3年間頑張ってブログ書いた人が書籍を出版出来るようになったという話し。当ブログも1年目突入で、収入が1万円超えた途端に、逆に今月は激減です。そんな最中でもモチベーションを下げずにブログを執筆出来る奴だけが砂漠の一握りの砂かも分かりませんが、成功するのだと思います。

負けないぞ!ブログで俺は飯を食う!

 



関連する記事

▲次の記事:食べログだけで店を評価してはいけない理由
▼前の記事:炭酸飲料を振って凍らせてフローズン、JINROで割ってみた!



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map