トップ  >  海外・外国  >  アシアナ航空着陸事故、テレビで韓国人キャスター「死者が中国人でほっとした」

                    

アシアナ航空着陸事故、テレビで韓国人キャスター「死者が中国人でほっとした」

2013.07.18 (Thu) |  海外・外国

OB-YC501_crash_E_20130708040538.jpg
Via:ウォール・ストリート・ジャーナル


毎度、@kobe_masayan(神戸のまさやん)です。

アメリカのサンフランシスコ国際空港でのアシアナ航空の着陸失敗事故で中国人の方が2名亡くなりました。まず、心からご冥福をお祈りいたします。

「死者が中国人でほっとした」―韓国人キャスター発言に非難集中という記事がネット上で大きな波紋を呼んでいます。
韓国人キャスターのYoon Kyung-min氏は7日、「たった今最新情報が入りました。2人の死者は中国人とのことです。少なくともわれわれには、ほっとする情報です」と伝えた。

もともと韓国は愛国心が他国よりも高い民族です。民主主義国家では非ぬ教育方針ですが、これはお国柄ですので我々が正義を固執して強要する訳にもイケませんので、良しとします。が、人命に物差しを当ててレベル強弱を付けるとは、はっきり言うと言語道断です。

中国版ツイッター「新浪微博」では、多くのユーザーが「彼は人間なのか?」と疑問の声が上がっている。

愛国心が出すぎた点ではキャスターに悪気は無かったのでしょう。

しかし、自国以外の人間には無慈悲過ぎる所は南北で分けても韓国も冬は寒いよ、と言った所か。

 



関連する記事

▲次の記事:呑みネタ・ニュースヘッドライン(2013/07/18)消費税率、計画通り引き上げることが大事=全銀協会長
▼前の記事:果物の王様、トロピカルフルーツドリアンがワインへ、実験



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map