トップ  >  PC関連・iPHONE  >  JANコードのチェックデジットをエクセルで計算する方法

                    

JANコードのチェックデジットをエクセルで計算する方法

2013.07.20 (Sat) |  PC関連・iPHONE

座女パソコン画像

毎度、@kobe_masayanです。

メーカーで勤務で商品管理をしている方が苦労する仕事・・・チェックデジットをつける作業。あれ面倒ですよね?フリーソフトや流通システム開発センターのサイトに行っては一個づつ数字を割り当てていく。数百個の新製品のバーコードを作製するとなると、一日仕事です。

だから、見つけましたよ!チェックデジットをエクセルで一括で計算する方法を!
JAN

このエクセルの表の【答え】のセルに以下の計算式を入れて下さい。

=MOD(10-SUM(MID(A$1*1000+B$1,{1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12},1)*{1,3,1,3,1,3,1,3,1,3,1,3}),10)

それだけで答えがでて来ますので、D列に関数でJANコードを合体させます。

=+A2&B2&C2 ← こんな感じ。ただし、このままじゃ未だ計算式のままですので、実際にJANコードに直します。


D列をコピーして形式を選択して貼り付け(値)でOK。

asasa.jpg

sasasa.jpg

すると、計算式だったJANコードが実際の数字に変換されます。

以上です。

この関連のお仕事をされてる方なら、かなぁリ作業が短縮されると思いますよ!

 



関連する記事

▲次の記事:モテ飯!ボンカレーを喰らう!味・・旨くなっておるやないか!
▼前の記事:親と話す時のコツ。日本ほめる達人協会理事代表、身内だからこそ感謝や褒め言葉



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map