トップ  >  地域  >  カップ麺と炭酸飲料の消費量が一番多いのは青森県な件

                    

カップ麺と炭酸飲料の消費量が一番多いのは青森県な件

2013.07.23 (Tue) |  地域

カップ麺

ども、@kobe_masayanです。

カップ麺の消費量が多い地域を発見、結果から先に言うと、青森県なんだそうです。ちなみに炭酸飲料も青森県が日本で一番。こんなん言っちゃ偏見ですが、ジャンク的な飲食をしないイメージがあるぞ、青森県!
意外な日本一 青森県でカップ麺、炭酸飲料の消費多いのなぜという事なのですが、まさに何故??

「長い冬の間の積雪量は市街地でも1mを超え、外食の機会が減る。買い物にも行きにくくなるので、インスタントラーメンのような温かい保存食が重宝されるのだと思われます」

ちなみに青森県は外食に最もお金をかけない地域、にも関わらず外食産業にてラーメンの消費量(金額ベース)が全国6位と、かなりラーメン好きな様子が伺えます。

また、カップ麺の消費量の多い地域は2位が新潟で3位が秋田県。やはり冬は外出が厳しくなる地域のカップ麺の消費量は多いという事なのでしょうか。

また、青森県民が炭酸飲料の消費量が全国で最も多い理由として、

津軽地方のりんご農家では、農作業の後に炭酸飲料でゲップをすると、農作業で使用した農薬の成分が体外に排出できると長く信じられてきました。今でも、炭酸飲料を箱で常備している農家があり、こうした風習が関連しているのかもしれません

ほんまかいな(´・ω・`)今でもあるんですかね?その理由でゲップするする人。

 



関連する記事

▲次の記事:マクドナルドの再高齢クルー(アルバイト)は92歳
▼前の記事:時期iPhoneは5Sでな無くiPhone6?廉価版iPhoneのリリースはほぼ決定?



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map