トップ  >  政治  >  アベノミクスで物価高、給料は下がる?それとも給料アップ?

                    

アベノミクスで物価高、給料は下がる?それとも給料アップ?

2013.07.28 (Sun) |  政治

yen-76009_640.jpg


ども、@kobe_masayanです。

アベノミクス効果で給料があがったのか?物価高を目指して確かに物価は上がった。円安効果により商品の原価があがったから。しかし利益圧迫による物価高で実際に給料が上がった人はいるのかいないのか??

結論から言うと給料は平均で下がっています。
「今年に入って、マンションが売れています。7000万円から1億円の高額物件が特に好調。弊社も、2013年上半期は売り上げ2割増です」と明かす。まだまだ給料に反映されているとは言い切れないものの、世の中の期待を受けて夏のボーナスは「1割ほどアップ」するようだ。
Via:アベノミクスで給料が上がった職業、下がった職業<

高額な買い物で言えばマンション以外でも高級品が売れているらしい。また高級料理店での会合等の予約も3割アップとか言います。確かにお金は回り始めている様子です。

しかし、これは円安効果による一部の輸出企業のみだと見解出来ます。

まーその人達がお金を使ってどんどん金回りが良くなれば・・・何て思いますが、輸入依存傾向が強かった日本。あらゆる産業(自動車も含有」海外に工場を移転してからの円安。

結果として円安は日本の経済に役立つかもしれませんが、失われた10年を取り戻すには最低でも10年はいると言います。末端の従業員の給与に繁栄されるのは10年から20年かかると言います。

庶民の給料にはね返る時期が来る前に、日本の景気は再びドン底に落ちる可能性が高いと思います。アベノミクスの柱である金融緩和は、2年後から徐々に引き締めのプロセスに入ります。その過程で日本の財政が急激に追い詰められ、大増税を余儀なくされます。
Via:アベノミクスで物価が上がっても庶民の給料は上がらない

悪いニュースを見だすとキリが無いですけど、増税と原価アップによる物価高でホントに国民の生活が向上するのか?なんで自民政権が戦後初の議席数を獲得出来たのか?投票を簡単に考える人が増えたような気がします。芸能人ばっか当選するこのご時世が今の政治の悪さを晒しているような気がしますけどね。

スイマセン、若干愚痴な記事でした。

 



関連する記事

▲次の記事:放射性含有の水で若返りの魔法?!フロリダの水
▼前の記事:Googleアドセンスの報酬額を簡単瞬時に見れるアプリ



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map