トップ  >  地域  >  猛暑でアイスが売れるは間違い。アイスが売れるのは気温22~23℃時

                    

猛暑でアイスが売れるは間違い。アイスが売れるのは気温22~23℃時

2013.07.29 (Mon) |  地域

アイス画像

ども、@kobe_masayanです。

今年は猛暑です。って毎年言って無いか?もっと言うと毎年のように今年の花粉は例年の○○倍・・・とか「もーえーねんニュース」なんて言いたくなります。スイマセン、本題と関係ありませんでした。

アイスは暑すぎると売れない よく売れるのは気温22~23℃時と言う記事を発見しました。割りとどうでも良い(とか言わないで)ですが気になりません??なんでなんでー??早速見てみましょー!
アイスは暑すぎると売れない、という訳で都道府県別にアイスの売れ行きを見てみます。

47都道府県別のアイスクリームの購入金額日本一は意外にも「石川」、2位が「福井」。なんと最下位は「沖縄」だったのである。

比較的涼しい地域で売れ暑い島国な沖縄はなんと最下位位。これはちょっと驚きです。


当記事の題名通り、アイスが売れる気温は22度くらい何だそうですよ。これを過ぎると甘ったるいアイスよりっもスッキリ出来る清涼飲料やお茶、水の方が売れるみたいです。

確かに、汗をかいた分の水分補給と言う意味では確かに理に適った売れ行きですね。


また、石川県と言えばチョコの売れ行きも第一位。甘党な県なんですって!地域性って興味深いです。

 



関連する記事

▲次の記事:背景に溶け込んだ動物達なステルス写真をご紹介!
▼前の記事:日本対韓国戦のサッカーの応援に「日本の大地震お祝います」



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map