トップ  >  海外・外国  >  韓国への入国拒否、呉善花・拓殖大教授が会見

                    

韓国への入国拒否、呉善花・拓殖大教授が会見

2013.08.01 (Thu) |  海外・外国

韓国

毎度、@kobe_masayanです。

韓国出身、拓殖大学教授の呉善花さん(日本国籍)が韓国への入国を拒否されたと会見を開きました。"入国拒否" 呉善花・拓殖大教授が会見という記事が報道されています。

2枚の紙を渡されました。見ますと「入国不許通知書」で、ここにサインをしてください、1枚は私たちが保管、もう1枚はあなたが持ち帰ってくださいと言われました。書類の一番下には、入国できない理由の欄がありましたが、そこには何も書いてありませんでした。


仁川国際空港での出来事。ソウル市内へ親戚の結婚式に出席する為に訪韓したという事です。

呉善花さんはもともと、反日思想だったのですが、来日してから知日派として知られるようになりました。韓国と日本に関する書籍を多数執筆しており、知日派である影響力のある同胞を入国させる訳にはいかない、恐らくそういった理由で韓国への入国を拒否されたと考えられます。

また、数年前には実母の葬式へ出席する為に訪韓しましたが、その際も入国を拒否されたとの事です。

つまり、言論を理由とした入国拒否ということしか考えられませんし、言論の自由の侵害と見ていいのではないかと考えております。民主国家、文明国家、そして近代国家ではありえないことだと思います。


ちなみに韓国ではメディアの前で日本人を褒めると刑罰を科せられる法律があります。(確か、反民族行為処罰法)

 



関連する記事

▲次の記事:Googleアドセンスの収益レポートが日本時間に対応していた件
▼前の記事:言いづらい、「早く帰って欲しい」を相手に伝える方法



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map