トップ  >  小ネタ  >  ワタミを皮肉った映画のタイトルをパロったTwitterがオモロイで!

                    

ワタミを皮肉った映画のタイトルをパロったTwitterがオモロイで!

2013.08.09 (Fri) |  小ネタ

ワタミ

毎度、@kobe_masayanです。

映画や何らかの作品のタイトル(著作名)にワタミの文字を充てがったらオモロイ事になるとTwitterで囁かれています。映画のタイトルの一部を「ワタミ」に変えると、なんだかブラックな雰囲気になるとTwitterで話題という記事を発見しました。若干、笑いにしてはいけない事件も起きましたが、言われても仕方が無いブラック企業ですからね。そんな揶揄を見てみましょう!
「ワタミの宅急便」
「ワタミを着た悪魔」
「デンジャラス・ワタミ」
「ワターミネーター2」
「桐島、ワタミやめるってよ」
「ツレがワタミになりまして。」
「ワタミの奴隷になりなさい」
「ワタミ•イン•ブラック」
「それでもワタミはやっていない」
「天国に一番近い ワタミ」
「ワタミはつらいよ」
「私をワタミに連れてって」
「ワタミのいけにえ」
「ハリー・ポッターとワタミの囚人」
「出口のないワタミ」
「ワタミとジュリエット」
「ワタミ 最期の12日間」
「ネバー・エンディング・ワタミ」


「桐島、ワタミやめるってよ」ってwwオモロイ(*´艸`*)出口の無いワタミってのもオモロイですな。

んーー非常にオモロイ。と、言うか離職率を上げる事が無いのかもしれませんが、幾ら就職氷河期とは言えここまで言われても就職する若者っているんですかね??大志があるなら結構ですが、その大志はワタミ以外では叶えられないのでしょうか??志半ばで退職するくらいなら、フリーターしてでもチャンスを伺った方が保身になる気がします。

 



関連する記事

▲次の記事:デブ、太ってる、ぽっちゃり男性は恋愛対象になるのか?「クマさんみたいで可愛い」の声も
▼前の記事:人間がテレポーテーション、瞬間移動出来る可能性と科学的根拠



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map