トップ  >  食べる  >  卵、コーヒー、お茶っ葉、痛みやすい野菜を長持ちさせる方法

                    

卵、コーヒー、お茶っ葉、痛みやすい野菜を長持ちさせる方法

2013.08.13 (Tue) |  食べる

コーヒー

どーも、@kobe_masayanです。

食材を長持ちさせる方法 コーヒーは冷凍し卵は丸い方を上にという記事を発見しました。

卵を逆さに向けて保存すると長持ちするというのは有名ですよね。

「卵の丸みがあるほうには小さな穴が開いているため上に向けると卵が“呼吸”しやすくなり、鮮度が落ちにくい」
この空気というのは、卵も呼吸する、つまり酸素を得やすいという風に記憶しています。

コーヒー、お茶を長持ちさせる方法



「コーヒーやお茶などは時間がたつと酸化してしまうため、香りがたつものは冷凍保存が長持ちの秘訣です」

また、モヤシや小松菜など日持ちしない野菜も買った日から冷凍保存する事がベターなんだそうです。長持ちもそうなのですが、冷凍する事によって繊維が壊れる為、火の通りが良くなるんだそうです。

小松菜は冷凍のまま食べやすい大きさに切って熱湯をかけるだけであっという間におひたしができ、ガス代の節約にも

これは豆知識ですね。ほうれん草なんかも応用がきくのかな?色々試してみる価値有りです。

 



関連する記事

▲次の記事:燃え尽き症候群で仕事の効率が激減してしまう!「燃え尽き」の5つの兆候
▼前の記事:ブラック企業2013年の1位はワタミ元会長が創業したワタミ



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map