トップ  >  芸能・エンタメ  >  ダウンタウンの番組が軒並み人気低迷、アカン警察も視聴率6%、打ち切りか

                    

ダウンタウンの番組が軒並み人気低迷、アカン警察も視聴率6%、打ち切りか

2013.08.13 (Tue) |  芸能・エンタメ

無題
Via:フジテレビ『爆笑 大日本アカン警察』公式サイトより

毎度、@kobe_masayanです。

ダウンタウン不人気説が除々に真実味を帯びてきました。「ダウンタウンの番組が次々と……」『アカン警察』視聴率6%で打ち切り確定かという記事になっっていました。
ダウンタウンといえば、同局で18年続いた『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』が昨年12月に終了。90年代には20%を超えていた『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系)も時として5%台を記録、『リンカーン』(TBS系)に至っては4%台になることも。

ゴールデンタイムの冠番組が軒並みに視聴率が低下しています。確かに、昔の方が面白かったような気がしますが、それは後付の理由ですから・・みなさんはどう思いますか?

アカン警察に関しては裏番組の世界の果までイッテQ!に大差をつけられ大敗退という事です。

AKB48の人気メンバーや、ジャニタレがレギュラー出演しながらもこの数字ですから、業界内では『よっぽど内容に原因があるのでは?』との見方が強いようです。最近は、美奈子や、矢口真里の元夫・中村昌也など、話題の人をゲストに呼ぶなどしていましたが、思うような効果はなかったようですね

なお、アカン警察は9月いっぱいで打ち切りになる可能性があるとの事です。

 



関連する記事

▲次の記事:お家にある物で簡単に保冷剤が作れる!もうコンビニで保冷目的で氷を買う必要はありません!
▼前の記事:燃え尽き症候群で仕事の効率が激減してしまう!「燃え尽き」の5つの兆候



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map