トップ  >  健康  >  冷房の付け過ぎに気を付けたい「冷房病」うつ病の原因にも

                    

冷房の付け過ぎに気を付けたい「冷房病」うつ病の原因にも

2013.08.14 (Wed) |  健康

真夏日猛暑

まいどです、@kobe_masayanです。

連日の猛暑で皆様に置かれましては如何お過ごしでしょうか?水太りしてしまった私ですが、水では太らないと言いますね。ただ単に太ってしまいました。

さて、猛暑が続くなか、クーラーガンガンなお部屋で篭りがちになりますが、冷房病で体調崩す人が急増「うつの原因にもなる」と医学博士という記事を発見。何となく、言いたい事は分かるのですが、暑いのは我慢出来ませんよねぇ。
冷房の効いた室内と気温差がある暑い屋外との出入りを繰り返すことによって、体温を下げる交感神経と体温を上げる副交感神経のバランスが崩れます。そうなると、疲労感、頭痛、食欲不振、不眠、下痢など自律神経失調症に似たような症状が現れる

そーなの?!クーラーが身体に悪いと知っていましたが、まさか理由があったとは!(そりゃーあるか)知らず知らずに身体を苛めていたのですね。

だからってクーラーをつけなければ熱中症になります。我慢しても命あっての健康ですからね。死んでしまう可能性もある訳ですからクーラーは必須です。要はクーラーの温度調整ですかね。外と室内の温度のギャップを5度くらいに留めておくとクーラー病にかかりにくいそうです。

それでも外の気温が40度を超える地域もある訳で、クーラーの設定温度を35度になんて出来ないです。正気の沙汰で無いです。(そもそも冷房で35度設定なんてあるの?)

せめて、26-7度くらいにしといた方が良さそうですね。

 



関連する記事

▲次の記事:【豆知識】ガチャピンとムックと僕の誕生日は4月2日
▼前の記事:水を加えるだけで樽から注いだようなビールが作れる、「ビール濃縮液」が誕生したらしい



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map