トップ  >  海外・外国  >  中国の動物園が犬をライオンとして展示、ヒョウは猫で代用か

                    

中国の動物園が犬をライオンとして展示、ヒョウは猫で代用か

2013.08.18 (Sun) |  海外・外国

ライオン

@kobe_masayanです。

全く呆れて物も言えないとはこの事、中国の動物園、マスティフ犬をライオンとして展示(AP) - エキサイトニュースという記事を発見しました。犬をライオンに見立てて展示をしている動物園・・さすがですな。因みにこの動物園のライオンの鳴き声は「わん」なんだそうです。(当たり前か;)

今回ライオンとして展示されていた犬種はチベタン・マスティフ。容姿はたてがみに似た毛があり若干ライオンには似ているようなんですが・・・

無題
Via:チベタン・マスティフ - Wikipedia


ライオンには見えませんよねー(´・ω・`)

北京青年報の金曜日の報道によると、この動物園では他にも狼の檻の中にいるのは犬だったり、ヒョウと書かれているのに中にいるのはキツネだったり、ヘビの巣なのに展示されているのはヌートリアだったりする。

もう動物園ちゃうやん;)

同動物園のマネージャーは「ごまかあしているつもりは一切ない」とコメントしているようです。

ライオンは繁殖のために貸出中で、ヒョウも同じ理由で貸出中とのこと。マスティフ犬については「出張中の飼育員のペットで、帰ってくるまで預かっているだけだ」と話しており、また、狼とヘビについては暑いので避難させているだけ、と主張している。

お国柄許されるのであれば別に構いませんが、お金を払って行く価値はあるかなーと感じます。逆に相当のネタにはなりそうですけど。

 



関連する記事

▲次の記事:救急車を呼ぶか迷った時に掛ける電話番号#7119で医療スタッフが相談に乗ってくれるぞ!
▼前の記事:中川翔子、新幹線でファンに起こされ「怖かった」



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map