トップ  >  夫婦  >  夫の小遣いを減額させる方法「お小遣いを増やして事実上減額させる」

                    

夫の小遣いを減額させる方法「お小遣いを増やして事実上減額させる」

2013.08.26 (Mon) |  夫婦

男女カップル喧嘩

家庭運営の永遠のテーマであるお金。余分な経費から削減していこうとなると、先ず目をつけられるのがお小遣いです。夫に「お小遣いの減額」を切り出すときの作戦9パターンという事で、悲しいかな男の小遣いが一番の無駄使いだと思われているようです。

確かに、確かにその通りです;)ただおもむろに小遣いを減額する!と言い放っても喧嘩になる原因に。今回、記事中で紹介されていた方法の一部に「なるほどぉ。」思える内容がありましたので、抜粋して紹介します。

お小遣いを1万円増やす条件として、飲み代などの臨時出費は一切援助しない方針に変更」(20代女性)というように、月々の取り分を増額するかわりに、自分でやりくりしてもらう範囲を広めることで、「家計の節約」につながる場合もあるでしょう。


実は僕もこのスタイル。自分で呑む酒は自分で購入しています。家庭の食費から捻出されない手法です。必然的に飲酒量も減り、身体にも家計にも優しくなれる方法なのです。(自費なので逆に気を使わないので、僕の飲酒量はむしろ増えています。)

欲しいものも、増額させた1万円を貯めて勝手に買えといった具合に言えそうです。

他には「1円でも安くキャベツを買おうとするなど、日頃から節約ぶりを見せておく」や「過去一年の家計簿をグラフ化し、家計の内情を説明する」など、合計9個のコツが教えられていましたが、どれも、効果は限定的のように思え、【お小遣いを増やして事実上減額させる】方法をご紹介しました。

これなら旦那も馬鹿みたいに「うん!いいよ。」と言ってくれそうですよね?

 



関連する記事

▲次の記事:うつ病チェックをやってみたら抑うつ症状だった件
▼前の記事:男性が添い寝して欲しい女性芸能人とは?1位は綾瀬はるかと壇蜜



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map