トップ  >  芸能・エンタメ  >  松本人志最新作【R100】、100歳以上の人間でなければ理解不能フラグ立つ(かも)

                    

松本人志最新作【R100】、100歳以上の人間でなければ理解不能フラグ立つ(かも)

2013.08.28 (Wed) |  芸能・エンタメ

無題

@kobe_masayanです。松本人志さんが、またもや映画をリリースするようです。松本人志最新作『R100』公開記念!! ちっと100歳以下は理解不能フラグ立っているけれど、未体験の衝撃を味わう映画ベスト!:夕刊ガジェット通信という記事になっていました。天才なんでしょうけど、何れの作品も一興はありますが、どれも割と不可解。って次回作も不可解な様子なんですねー。
“SとM”をモチーフに、主人公が禁断の扉を開ける奇想天外なストーリーと、レトロでオリジナリティーに満ちた映像が炸裂する作品だそうだ! 『R100』というタイトルの真意は謎のままだが、「100歳以上の人間にしか理解できない!」というウワサが!

もー言っている意味が分かりません!100歳以下の人が監督した作品なのに100歳以下では理解不能フラグが立つなう、との事です。やはり天才なんでしょう!


【R100】は2013年10月5日(土曜)より全国の映画館でロードショー予定です。天才の作品が1500円前後で見られるのであれば、これは『見る』でしょ!

 



関連する記事

▲次の記事:兄弟が不仲になった理由とは
▼前の記事:女性に聞く、胸なんか無かったら良いのに!と思う時



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map