トップ  >  一般ニュース  >  スーパーセルの意味とは?埼玉の台風はスーパーセルが原因らしい。

                    

スーパーセルの意味とは?埼玉の台風はスーパーセルが原因らしい。

2013.09.02 (Mon) |  一般ニュース

Capture_2013_09_02_22_17_03_749.png

@kobe_masayanです。埼玉県で発生した台風ですが、スーパーセルによる突風の可能性大~気象庁という非常事態が発生していたらしい。

スーパーセルってなに??
埼玉県と千葉県に被害をもたらした竜巻とみられる突風について、気象庁は「スーパーセル」と呼ばれる巨大積乱雲が引き起こした可能性が高いと説明している。

このスーパーセル、日本で発生するのは極稀という事らしい。スーパーセルってなんだ??




まさか地球に・・・(しょうもなくて申し訳無い)

スーパーセル (気象) - Wikipediaによりますと、回転する継続した上昇気流域(メソサイクロン)を伴った、単一セルで構成される、非常に激しい嵐(雷雲群)のこと、という事です。セルとは雨や雪等の降水現象、大小様々の低気圧を構成する塊の事を指すらしい。

埼玉でスーパーセルが起きた動画です。


セル=塊。パソコンでもエクセル上の単一の塊をセルって言いますもんね。なるほど。セルの由来は低気圧から来たのかも知れませんね・・・。

 



関連する記事

▲次の記事:芸能人やアイドルの年齢詐称(歳をごまかす)して詐欺罪にならない現状に一言
▼前の記事:【画像あり】フランスのパリでヨガイベント、4000人集まったらしい



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map