トップ  >  海外・外国  >  中国、川の汚染で100万トンの魚が死亡。飲料水は影響無し、なぜ?

                    

中国、川の汚染で100万トンの魚が死亡。飲料水は影響無し、なぜ?

2013.09.05 (Thu) |  海外・外国

@kobe_masayanです。中国の川で大量の魚が死んでいます。汚染、もはや毒の川のせいです。その川水を飲料水にしている人間には害が無いという・・・

無題2

中国の毒川で100万トンの魚死亡!しかし飲料水には影響なし。という記事にて、一体どこの何処のらへんに害が無いと言うのだ??川を占める灰色の物体は全て魚です。
中国のフヘ川に大量のアンモニアが流出したことで約100万トンの魚が死亡した。

中国当局は魚を決して食べないようにと警告しているようですが、同時に飲料水として利用するのは問題無いと見解を発表したようです。

無題1
酷い川の有り様。この水飲めますか?

また、この水をろ過してから飲むのか?より、むしろ、そのまま飲んでも影響無しといった見解のように思えます。昔の日本でも水俣病と言われる病気がありましたから、一部都市の高度成長時期である農村にありがちな事故なのかもしれません。しかし、中国自体は立派な先進国。その国の当局が、この水を飲んでも良いと住民に許可するのは・・・多少の命の匙は投げてしまったのか?と、言いたくなります。

 



関連する記事

▲次の記事:【動画あり】進撃の巨人『主人公エレン』の巨大化再現のメイクが凄い!
▼前の記事:アベノミクス効果でタクシー「1万円超えの客が10%から20%に」



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map