トップ  >  一般ニュース  >  祭りの露店(夜店)の原価率、イカ焼き原価15~20円 ボロ儲け批判に露天商が猛反論

                    

祭りの露店(夜店)の原価率、イカ焼き原価15~20円 ボロ儲け批判に露天商が猛反論

2013.09.07 (Sat) |  一般ニュース

祭り

@kobe_masayanです。祭りの夜店って高いんですよねー。雰囲気作りを担ってくれている手数料だと思って祭り事にはケチな事は言わないようにしているのですが・・・店のイカ焼き原価15~20円 ボロ儲け批判に露天商が猛反論という記事を発見しました。

イカ焼き安い!!!!原価!!!ゲソで200円、本体で500円か700円くらいしますよね??飲食の原価率が安いのは知っていましたが・・・そこまで??!
イカ焼き=15円、綿菓子=40円、かき氷=30円……。
確かに、綿飴(わたあめ)なんて砂糖だけですから・・・人件費と設備費用を考えるとそうも行かないのでしょうけど。それにしてもぼったグリか??

見込み違いによって売れ残りが生じたときには当然大損をするから、そのリスクに備えるための“保険”ですよ。何人お客さんが来るかなんて始まってみなければわからないし、この間の隅田川の花火大会のゲリラ豪雨みたいなことがあればもう最悪。1万円も稼げずに、用意した材料が丸ごと残ってしまうことだってある

また調理設備に数十万かかるケースの少なく無く、場所代や組合費、強いては人件費を考えると原価はアホ程アップするんだとか。

夏の間しか稼げないし、一日に20万円売り上げて粗利が80%だっとしよう、手取りで16万円ですが、パック費用や諸々換算すると・・・一ヶ月で年収が出るか出ないかです。更に上述の廃棄を考えると・・・そこまで美味しい商売とも思え無くなってくるんですね。

祭りの喰いもんやたら高い・・・見る目を変えて優しい気もちで接してあげて下さい。たこ焼き500円もどうかと・・・露天屋さん・・いつも祭りを盛り上げてくれてありがとう!

 



関連する記事

▲次の記事:【食れぽ】評判屋ねぎ豚骨ラーメンを喰ってみた!
▼前の記事:恋愛・浮気に注意すべきはO型君である、「筋肉をつけて見せたい傾向」



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map