トップ  >  健康  >  体を乾燥させる秋には白い食材で潤わす!

                    

体を乾燥させる秋には白い食材で潤わす!

2013.09.12 (Thu) |  健康

大根野菜

@kobe_masayanです。この記事の前にアンチエイジング!若さの秘訣は黒い食材を食べる事と言う記事を書いたばかりでして、今回の記事は真逆で白い食材を喰えと言うお話です。体を乾燥させる秋は 「白い食材」で体を潤してという記事を発見しました。健康目的の食は様々な情報が交錯しますね(´・ω・`)
大根、レンコン、山芋、ナシ、白キクラゲ、白ゴマなどの白い食材は、体を潤す働きのものが多いのでお薦めです。特にナシは肺を潤す食材の代表で、咳止め効果もあります。

秋は乾燥の季節です。乾燥の季節はすぐに喉が腫れたりして咳き込みますからねぇ。咳き込むと体力が消耗しますから。肺も弱るという事で風邪の原因になりますからね。そう言った意味では白い食べ物は健康維持の為に非常に寄与しそうです。

長かった夏の間にかいた汗と共に「気」が失われているので、疲労が蓄積されていることでしょう。内臓も疲れ気味で、食べたものを消化し、栄養を吸収する力も低下しています。

夏のダメージって本当に秋口で襲ってくるんでしょうか??良く言いますけど、あんまし感じ無いんだけどなぁ、むしろ食欲の秋って感じ。(僕は夏もラーメンやカツ丼を喰いまくったけど)ちなみに、疲れた内蔵の粘膜を強くするのはビタミンAやカロテン。本記事内容とはうって変わって色付き(しかも色の濃い)野菜に含有された食べ物です。

まんべん無くバランス良く野菜を摂取するのが一番!って事ですね。

 



関連する記事

▲次の記事:ウルトラマン、ギネス認定へ
▼前の記事:アンチエイジング!若さの秘訣は黒い食材を食べる事



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map