トップ  >  子育て  >  子供と親・家族間でお金を盗んだ場合は犯罪は成立するのか?

                    

子供と親・家族間でお金を盗んだ場合は犯罪は成立するのか?

2013.09.17 (Tue) |  子育て

男性お金

@kobe_masayanです。嫁の財布から金抜いた(´・ω・`)親の財布からお金盗んだ(・ω<)なんて事ありませんか?(無いか)また、逆も然りで子供(成人の場合も)の財布からお金勝手に取った・・・それって犯罪なの?弁護士が教える家族間の窃盗! 子どもが親の財布からお金を抜いたら“犯罪”になる?と言う記事を発見しましたので、早速ご紹介です。
刑法41条は、『14歳に満たない者の行為は、罰しない』と定めています。つまり、大人であれば犯罪にあたるような行為であっても、犯罪にはならないんです。

14歳未満の諸君は安心したまえ!って違うか。善し悪しは別として犯罪にはならないようです。犯罪になるんだぞ!と教えこむ勉強期間といった所でしょうか。これだけ見ると13歳未満なら盗んで構わないと解釈がおきそうで怖いですが、盗っちゃダメだぞ!

家族間での窃盗罪や詐欺罪など、財産のみが問題となっているいくつかの犯罪については、犯罪が成立しても刑を免除するということになっています(刑法244条1項)

逆を言えば、基本的には犯罪です。訴訟を起こせば前科がつくと言う事。前科がつくと公務員や社長職になる事が出来なくなります。しかし、家族が訴訟を起こさなければ大丈夫なんだそうです。

が!

一緒に住んでいない伯父さんや伯母さんの財布からお金を抜き取った場合には、刑法244条1項による刑の免除は受けられません。

親戚への窃盗は逮捕されたら親族の意見否応無しに罰せられますので、お気を付けあれ!(気を付けなくても、そのサンクチュアリに踏み込む事は無いと思いますけどね)なるほどー、勉強になった。

 



関連する記事

▲次の記事:寝起きが悪い・朝眠い、解消法
▼前の記事:ぶっちゃけ目玉焼きにかける調味料ってどれよ?ランキング



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map