トップ  >  ▼虚構新聞特集  >  虚構新聞特集 「やくそう買って来い」 いじめの構造、ドラクエでも

                    

虚構新聞特集 「やくそう買って来い」 いじめの構造、ドラクエでも

2012.08.22 (Wed) |  ▼虚構新聞特集

ukpuku.jpg
本日も暇な神戸のまさやんはこちらの 虚構新聞を読んでアフターファイブを満喫!今回ご紹介する虚構ネタはいじめに関してのソース。

いじめ良くないよ!って大人が言ったら余計に今の子ってするんだよね。誰も分ってくれないとか言いながら。なら、いじめられてるやつ事分ろうよと思う。子どもと大人の境界線があいまいですが、昔は大人はもうちょいマシだった。・・・だからこそ!今のいじめをしてるそこの君!お前はいじめやめて、出世しようぜ!・・・って本記事と若干ずれましたが、こちらの記事をどーぞ!
 今月2日に発売された国民的人気ソフト「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族オンライン」で、弱いプレーヤーにアイテムを使い走りさせるなど、「いじめ」に該当するようなトラブルが起きていることがわかった。一人でプレイする過去作とは異なるオンラインゲームゆえの出来事だけに、運営側もトラブルが起こらないよう最大限配慮している。

 シリーズ10作目となる「ドラクエ10」は初めてのオンラインゲーム。ゲーム内に登場するキャラクターは、ネットを通じてプレイしている他のプレイヤーで、チャットなどを通じて協力しながら攻略できるのが最大の特徴だ。

 だが、このような現実の人間関係であるため、チャット中に実名や電話番号などの個人情報がやりとりされてしまうという、オンライン特有の問題がある。運営側ではトラブル回避のため、ゲーム開始時に「個人情報を書き込まないでください」と呼びかけている。

 同様のトラブルとして、最近では「不良プレイヤー」も見られるようになってきた。ゲームを始めたばかりの初心者プレイヤーを不良プレイヤー集団が取り囲み、「やくそう買って来い」「コットン草10個拾ってこい」など使い走りを命令するほか、その場でジャンプさせ、ゴールドを恐喝するなど、マナーに反する行為が確認されている。

 レベル36の盗賊プクリポで15番サーバーを徘徊している虚構新聞社社主のUK氏も被害者の一人だ。

 取材に対し、UK氏は「レベル50のオーガ集団に囲まれ、『その場でジャンプしろ』と命令されたので何度もジャンプしたが、手持ちのゴールドが少ないと分かると、『こいつ使えねー。プクランサフラン99個で許してやる。持ってこなかったら口の中にキラービーの死骸を突っ込んでやる』とすごまれた。新手のモンスターか何かだと思って、白線まで逃げ切ろうとしたが、すばやく回り込まれてしまった。それでなくとも貴重なプクランサフランを99個も集めるなんて…」と、当時の状況を涙ながらに語った。

 結局UK氏はプクランサフランを99個集められなかったとして、オーガ集団からキラービーとさそりばちの死骸を口の中に入れられ、258ポイントの精神的ダメージを受けて死んでしまったという。

 運営ではこれらの悪質なプレイヤーに注意警告を発しているが、それでも従わない悪質なプレイヤーには脱会処分も検討している。



ネタもと:虚構新聞

ってこの記事、アラサーの男子にしかわからないか?なら、もし今購読頂いてるあなたが旦那もちの20代の夫婦か、アラサーの旦那をもつ女性ならこの記事を紹介して欲しい。

鼻で笑って【下らん!】というはずだから 笑(僕的には最高です!UK氏!



 



関連する記事

▲次の記事:CookDoのホイコーローと温野菜で家飲み晩酌のおつまみ
▼前の記事:ネタニュース 甲類焼酎ってあり?乙類混和とかってなんだ?



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map