トップ  >  お金のこと  >  消費税増税後に年収500万円の家庭で増える支出額は??

                    

消費税増税後に年収500万円の家庭で増える支出額は??

2013.09.22 (Sun) |  お金のこと

無題

消費増税に怯える@kobe_masayanです。

2014年4月より3%消費増税、8%になる訳ですが、実際に増える支出ってどうなのか?例えば毎月の食費が10万円だったとしたら、一概には言えないけど、従来よりも3000円アップという計算になります。これを日割り(毎日スーパーに買い出しに行くとした場合)すると、100円ですね。凡そ毎日の支出が100円増えるという事に。んーこれはどう受け止めるべきか?スーパーでの100円ってデカイんだよなー!余分に100円払うと豪勢な晩飯になる!って食材も以外に多いんですよ。

そんな小さい話しもあるのですが、消費増税で年収500万円の4人家族なら年間18万円負担増の試算という記事を発見。えー??!!!10万円も支出アップすんの?それは困るぞ!
「消費税が8%になると年間約7万円の負担増となります。また、国が目標としている物価上昇率2%アップを想定すると、さらに約11万円のプラス。つまり今より約18万円、余分にかかるという計算です」

これは増税以外にも物価指数プラスも視野に入れて・・と言う事ですが、近年の円安基調や燃料高、中国の人件費上昇なども加味すると更なる値上げは必死です。追い打ちではアベノミクス効果って言っても給料が下がる、一定といった話しは聞きますが、賃金アップなんて先ず聞かないですもんね。

「こういった“値上げ”を上回る賃金上昇がなければ、どの家庭も年々貧乏になっていくでしょう」

今後、好景気が続くと賃金アップの可能性は確かにあるようなんですけどね。我々消費者に反映されるには未だ時間がかかるようです。僕の業界だと・・・輸入依存が高いから厳しい年が続くだろうな(>_<)

そして来る消費税10%時代が到来したら・・・更に年間11万円の支出が増える算段なんだそうです(年収500万円の場合)

 



関連する記事

▲次の記事:iPhoneユーザーはサムスンユーザーより高収入で高学歴(米調査)
▼前の記事:【ヤル気】着ている服で仕事のパフォーマンスに影響する実験



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map