トップ  >  一般ニュース  >  温泉でタトゥーや刺青はダメ!何処まで通用する?「合理性に欠く差別」

                    

温泉でタトゥーや刺青はダメ!何処まで通用する?「合理性に欠く差別」

2013.09.22 (Sun) |  一般ニュース

温泉お風呂

@kobe_masayanです。yahoo民族伝統の「入れ墨」で入浴拒否 「合理性を欠く差別」として許されない? という記事を発見しました。実は僕は刺青願望が少なからずある。しかし、子育て中の手前、子供と一緒にプールにいけない、大好きな温泉旅行に行けない等の弊害が多い為、いれません。しかし、反社会勢力である訳でも無いし他人を威圧したい訳でも無い。今や入れ墨はオシャレという認識も広がっています。確かに、親から頂いた身体に傷を入れるのは・・・と思いますが、ピアスだって今や普通ですから。

僕にもピアスの穴は3つあります。もっとも、ピアス自体はもうしてませんけど。
『法の下の平等』を定めた憲法14条です。条文には『すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分または門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない』と書かれています。

入れ墨は入浴拒否!とした方が犯罪となるというケースもあるらしい。お客様の為に入れ墨入店拒否してたのに・・・と言う運営者側の意思が汲み取られていない、と言う想いもありますが、人種差別はNGのようです。

女性側は「反社会的な入れ墨とは異なる伝統文化であり、差別ではないか」と抗議したが、施設側は「入れ墨に威圧感や恐怖感を覚える人がいる」「背景までは判断できない。入れ墨が見えれば一律で断っている」と説明したという。

ここだけ見ると拒否側が全て悪いように思うのですが、両側の正義も垣間見えますよね。今や安室奈美恵や多くの著名人もタトゥーを入れています。

かつて『長髪』は反社会性の象徴でした。米映画『イージーライダー』(1969年)で、主人公のキャプテン・アメリカは長髪を理由に住民に撃ち殺されます。

時代は変わると言う訳です。運営側も意識を改変しないと・・今回みたいに法的にNGとなる訳ですな(´・ω・`)しかしまぁ・・・逆に今のヤクザなんて言うと入れ墨は掘らない訳なんですよ、反社会勢力ってバレると良い事無いから。入れるのはむしろパンピーです。難しいすよね、この問題。

 



関連する記事

▲次の記事:サッポロ一番(インスタントラーメン)で作るアレンジレシピ、パスタや焼きラーメンが旨い
▼前の記事:ストレス臭には酢が効果的だ!気になる体臭・口臭の予防法!



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map