トップ  >  小ネタ  >  【噴飯もの】って何よ?本当の意味とは?誤用49%へ

                    

【噴飯もの】って何よ?本当の意味とは?誤用49%へ

2013.09.24 (Tue) |  小ネタ

男怒

@kobe_masayanです。噴飯ものって言葉知ってますか?「噴飯もの」=怒ってる? 誤用49% 国語世論調査(朝日新聞) という訳なのですが、実際に読み方すら分からいぞ(´・ω・`)どうやら「噴飯もの」と書いて「ふんぱんもの」と読むらしい。誤用するだけマシだぜ、俺は意味というか聞いた事すら無いぜ!
「噴飯もの」は、「おかしくてたまらないこと」が本来の意味とされる。

この意味が分かった人は19.7%に留まっており、49%の人が誤用していたらしい。その誤用内容と言うと、

「腹立たしくて仕方ないこと」と考える人が49・0%と半数近かった。

つまり、44%の人が噴飯ものの意味すら分からなかったという計算になります。じゃあ僕は44%の人の中に入ると言う訳です。

漢字の感じ(ダジャレじゃない)で行くと噴飯・・と書いていると「激しく怒る事」と思っても仕方ない感じですがね、正解はおかしくてたまらない様子なんだそうです。どうやら、食べかけのご飯が食べれないよー、が語源らしいです。

 



関連する記事

▲次の記事:モスバーガーがハンバーガー等の商品10円値上げへ
▼前の記事:すっぴん風メイクとバッチリメイク、本当にモテるのはどっち?



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map