トップ  >  小ネタ  >  【間違った日本語】断トツ1位は間違っている

                    

【間違った日本語】断トツ1位は間違っている

2013.09.26 (Thu) |  小ネタ

無題

@kobe_masayanです。間違った日本語で検索をかけるとアナウンサーも間違える!?日本語の落とし穴:日経ウーマンオンライン【大人女子の教養講座】という記事を発見しました。この記事内にある、間違った日本語に感心しましたのでご紹介したいと思います。

断トツで1位


職場でも「断トツの1位でした!」と報告するのはよくあること。だが“断トツ”は“断然トップ”の略語で1位を指す。つい力が入り、強調したくなるが、冷静に判断を。

また、先ず初めに(まずはじめに)にも間違いで、「先ず」が初めを意味しており意味が二重しているんだとか、他にも一番最初/一番最後など、よく考えたら「これはオカシイなぁ。」と思う事も書いていました。

故障中


「故障」は「正常な機能を失った状態」を指すので、途中を意味する「中」を付けるのは間違い。

また、酒の肴というのも間違い。肴自体が酒のつまみを表すらしい。

どうですか?2重で使ってしまってた誤った日本語。他にも数点掲載されていましたので、一度▼アナウンサーも間違える!?日本語の落とし穴-× お中元のギフト:日経ウーマンオンライン【大人女子の教養講座】を読んでみて下さい。また、「▼間違った日本語」で検索すると似たようなページが沢山でてきて、数時間は暇潰し出そうです。

 



関連する記事

▲次の記事:おまいらはポカリスエットとアクエリアスの違いを知っているのか?
▼前の記事:モスバーガーがハンバーガー等の商品10円値上げへ



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map