トップ  >  ▼虚構新聞特集  >  虚構新聞特集 勇者ロトの父、オルテガさん死去 42歳 嘘のニュースです。

                    

虚構新聞特集 勇者ロトの父、オルテガさん死去 42歳 嘘のニュースです。

2012.08.26 (Sun) |  ▼虚構新聞特集

kandata.jpg

こんばんわ!昭和生まれの神戸のまさやんです。だからと言って戦後では無く、ぎり30じゃない、(はやく29歳と言え)な神戸のまさやんです。虚構新聞面白い!またトラックバックです!アラサー諸君、オモシろそうでしょ?


魔王バラモス討伐に志願、勇者ロトの父としても知られるオルテガさんが18日夜、全身やけどで死去した。42歳。冒険中立ちはだかったキングヒドラとの死闘の末、燃えさかる火炎に包まれたことによる焼死だった。
南方の島国アリアハン出身。30歳で魔王バラモスを討伐するため旅立ったが、長らく行方が分からず、家族が地元警察に捜索願を提出していた。

 オルテガさんをよく知る関係者は「彼は友人が一人もおらず、見かけと違ってルイーダの酒場の隅でいつも一人カルーアミルクを飲んでいるような女々しい男だった。だが一方でアリアハン大陸から出られないと知るや、ためらいなく海に飛び込んで地球の裏側に位置するロマリアまで休憩なしで泳ぎ切る人並み外れた体力の持ち主でもあった。盗賊の鍵や魔法の鍵が必要な扉も全て力ずくでこじ開けていた」と話す。

 またとある寒村では、「ポカパマズ」という偽名を名乗り、冒険そっちのけで水鉄砲ばかり作っていたとの証言もある。

 その後、16歳になる息子が父の遺志を継いで冒険に出発。ギアガの大穴からつながる新大陸アレフガルドのゾーマ城にてキングヒドラと格闘しているところを発見された。父との再会を果たした息子は「覆面半裸のモンスターが仲間割れを起こしているのかと思ったら、まさかの実父だった。あれを父だと認めたくない気持ちでいっぱいだった。何がどうなったらあの姿に行き着くのか」と、発見当時の衝撃を隠しきれない。また妻も「あれは夫ではありません」とかたくなに事実を受け入れようとしない。

 すでに火葬済みであるため、葬儀は行われない。後日、友人で自らの色違いにあたるカンダタ、殺人鬼、エリミネーター、デスストーカーの覆面半裸たちが主催する「送る会」が開かれる予定。来場者は要覆面半裸。



なんか、若干冷たい内容がまた面白い。筆者はこれをアイフォンで見て、一人で電車で笑ってしまった。IOSアプリもでてるようなので、是非要CHECK!

まじおもろいで!


虚構新聞

 



関連する記事

▲次の記事:鉄人28号像直下でビアガーデン!最終日に訪問したら大盛況でした!
▼前の記事:横浜あんかけラーメンがとろとろのあんが旨い!マルハニチロあけぼのフーズ



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map