トップ  >  一般ニュース  >  台風26号で企業・学校等の対応追われる

                    

台風26号で企業・学校等の対応追われる

2013.10.15 (Tue) |  一般ニュース

台風26号が接近しています。この記事を書いているのが15日午後11時頃なのですが、明日の16日に関東に甚大な影響を及ぼすとされています。その規模ってどんな?「10年に一度」首都圏緊迫 気象庁「十分警戒を」(朝日新聞) - goo ニュースという記事を見つけましたのでご報告です。
東京都教育委員会によると、16日は都内の幼稚園、小中高校など全公立2399校のうち、計818校が休校、709校が始業時間を繰り下げる。都が運営する上野動物園や多摩動物公園なども閉園する。

台風上陸前に学校が休みになるのは前代未聞くらいのレベルだと言えます。警報がでて休みだ、ヒャッホ~い☆と言うレベルでは無いと言う事は確かです。また、都営の動物園の休園も既に決定事項だという事です。それって凄い事じゃないですか??!

 IHIは、関東にある本社や工場を16日は休業することを決定。三菱ふそうトラック・バスは、トラックなどを製造している川崎製作所(川崎市)の16日午前中の操業をやめる。日産自動車は、横浜市の本社に勤務する約2千人の社員について、16日午前は自宅待機とすることを決めた。追浜工場(横須賀市)と横浜工場(横浜市)については、16日早朝の操業をとりやめるという。

関東地方では来る明日の台風への対応に追われています。名を連ねるは大企業。大企業だからこそ人命を第一な措置を取ったのでしょうが事業所としては稼働日を減らすのは死活問題です。カツカツな中小企業が会社を休業するのは考え難く、台風による被害が出るか否か非常に心配な所です。ご自身の住んでる地域が台風による影響が大きいと考えるなら、個人の判断で、例え給料が減る、同僚に迷惑がかかると分かっていても会社を休む勇気を出す必要がある人は休むという決断をしなければならないのでは、と思います。(休みたいから台風のせいにしちゃダメよ)

関連記事(外部リンク)

台風26号 雨と風のピークは(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp

場所によっては、わずか1日で、ひと月分に相当するような雨が一気に降るおそれがあります。

土砂災害、低い土地の浸水、川の増水や氾濫などにより、避難することが必要になる可能性もあります。



朝日新聞デジタル:台風26号上陸の恐れ 関東では「10年に一度の勢力」 - 社会

。関東に接近する台風としては「10年に一度の勢力」といい、気象庁は西日本から北日本の広い範囲で大雨や暴風、高波への警戒を呼び掛けている。



なお、セブンイレブンは16日(台風上陸当日)はトラックを増便し、確実に店舗で購入出来る食量を届けるという事です。いざ働く人間にとっては「マジかよ~」って感じですが、ライフラインを確実に守る姿勢は凄いですね。人員の命も十分に考慮して人員配置して欲しいです。

 



関連する記事

▲次の記事:バーバリーの社長(最高責任者)が退職、iPhoneのAppleに就職する事に!
▼前の記事:KONISHIKI(コニシキ)5年で150㎏の減量



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map