トップ  >  小ネタ  >  忍法と言う言葉は、フィクション・間違い?忍術が正解

                    

忍法と言う言葉は、フィクション・間違い?忍術が正解

2013.10.16 (Wed) |  小ネタ

忍者忍法

忍法○○の術!という言葉が頭に過りました。「忍術」ではなく「忍法」を使い始めたのは吉川英治が最初かという記事です。忍法って作家が作った言葉で忍術が正解らしいんです。
そもそも「忍法」という言葉自体がフィクションだ。従来は「忍術」の語を用いていたのを、山田風太郎当人の言によれば、吉川英治が初めて「忍法」という、よりミステリアスな言葉に置き換えたのだという。

なるほど。忍術を忍法と表現したのは演出の為だったと言う訳です。先ず、その忍法と言う言葉創作した吉川英治さんとは誰なのか?吉川英治 - Wikipediaを読んでみましたが、忍術に関する記述はありませんでした。明治43年に上京、大正3年に作家の道を歩み初めた人物だと言う事ですが、後に大物作家になっています。また、忍法と言う言葉を周知させたとされる山田風太郎さんは、

『甲賀忍法帖』をはじめとする忍法帖シリーズでは次々とベストセラーを生み出し、戦後を代表する大衆小説作家として名を刻まれることになった。


忍法と言う言葉愛用した人物。なるほどなぁ。忍法って言葉、忍者ハットリくんでも使用されていませんでしたっけ?今となっては忍術より忍法と言う言葉の方がスゥ~と耳に入ってきます。しかし、これは明治以降の呼び名のようで正確には忍術が正解と言う事です。

 



関連する記事

▲次の記事:大倉山の「なかや」でかつ丼とうどんを喰らう!ザルそばが有名でごっつ旨かったで!
▼前の記事:治験で1000万円稼げるのは本当か?治験で重篤な症状が起きるのは0.05%



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map