トップ  >  地域  >  「とりあえずビールで乾杯!」が市の条例違反?乾杯条例発布の件

                    

「とりあえずビールで乾杯!」が市の条例違反?乾杯条例発布の件

2013.10.17 (Thu) |  地域

日本酒

ビールで乾杯したら条例違反??!「乾杯は地元の日本酒で」という条例が全国各地でバブル的に制定が相次いでいるようです。「とりあえずビール」は“乾杯条例”違反?という記事です。
京都市は1月、「京都市清酒の普及の促進に関する条例」を施行。清酒による乾杯の習慣を広めることで、消費低迷が続く地元の日本酒の利用促進を図り、地域経済の活性化を促すことが目的だ。罰則規定や拘束力はない。

”罰則規定は無い”と言う事で、逆に違反には変わり無いという見解で宜しいんでしょうか?何だか変な感じです。ちなみにこの条例、京都市以外にも佐賀県、埼玉秩父市、千葉県神埼街、岡山県真庭市、広島県東広島市と相次いで条例が施行されているようです。

さらに乾杯にとどまらず、地元産コシヒカリを給食や朝食で食べるよう求める条例を新潟県南魚沼市が、加賀野菜といった食材をはじめ、料理や酒、器、作法などの食文化の継承を狙う条例を石川県金沢市が制定するなど、様々な分野へと波及している。

拘束力は無いにしても過熱感半端無いです。お金の流通形態がビールから日本酒に変わるだけで、同じ蚊帳で争っても景気回復の抜本的な改善には遠く及ばないと思いますけど。これが企業間の戦いであれば市場活性化もしそうですが、市政が参入して良いものなのか・・・ちょっとそこらへんが疑問です。まー地元の文化を守るという姿勢は確かに大切ではありますけどね。でも、実力以外で争うのは何だかね(´・ω・`)

 



関連する記事

▲次の記事:果物、フルーツジュースは糖尿病リスクが高まる?!糖尿予防ならリアル果物
▼前の記事:アップル、App Storeのアプリ値上げへ



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map