トップ  >  一般ニュース  >  タイタニック号のバイオリンが再発見、落札へ

                    

タイタニック号のバイオリンが再発見、落札へ

2013.10.21 (Mon) |  一般ニュース

「タイタニック」オリジナル・サウンドトラック


毎度!タイタニックは中学時代に見て感動した@kobe_masayanです。

タイタニックのバイオリン落札という記事です。船が沈没する際に乗客を落ち着かせようと最期迄バイオリンを演奏していた・・・あれって事実だったんですね。そのバイオリンが見つかってオークションで落札されたようです。
バイオリンは船の沈没から10日後、ハートリーさんの遺体とともに見つかったとされておりその後、さまざまな人の手に渡り行方が分からなくなっていましたが、2006年に再び発見されて専門家によって鑑定が進められ、本物だと断定されました。

落札価格は日本円で1億4000万円余りとの事。タイタニック号のゆかりのアイテムとしては最高額なんだそうです。自分が死ぬのを分かってて最期迄プロ意識を燃やして弾いたバイオリン。お金の物差しで測る事は出来ませんが相当なレアアイテムである事は間違いありません。

 



関連する記事

▲次の記事:宝クジが収益減へ、当選額引き上げを総務省が許可
▼前の記事:尻に火がついたキムタクと報道されていた件



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map