トップ  >  生活  >  コーヒーは幻聴の原因か?合法なドラッグだという意見も

                    

コーヒーは幻聴の原因か?合法なドラッグだという意見も

2013.10.22 (Tue) |  生活

コーヒー

コーヒーは合法な薬ですと??!結構飲みますよ、僕。やめるつもりも無いんだけど。”やめる”とか言う時点で少しはまっている証拠なのか?危険!コーヒーの飲み過ぎが幻聴のリスクを高めると判明という記事を発見しました。今更言われてもね~(´・ω・`)タバコもコーヒーも酒ダメなのか・・・身体に(´・ω・`)

「大きなストレスは精神疾患の原因となりますし、また、カフェインは幻覚を引き起こす可能性のあることが過去の研究で判明しています。つまり、ストレスとカフェインが重なると、幻覚や幻聴のような精神疾患の症状を引き起こすリスクが高くなるのです」

研究ではストレス疾患者とカフェイン摂取者92人にテレビの砂嵐のような音を聞かし、「ホワイトクリスマス」が聞こえますか?と尋ねた所、「聞こえた」と回答した人が非常に多かったようです。若干病気やん!と言いざる言えない症状なんです。。。

この成分が「おい起きろよ!」とヒトの中枢神経に直接働きかけるからです。このように精神を覚醒させる物質は、乱用すると中毒症状などを引き起こすおそれがあるので、通常は法律で規制されています。カフェインの場合、全く規制がなされていません。いわば“合法的なドラッグ”のようなものなのです。

若干、一つの事実にフォーカスされ過ぎた行き過ぎの表現に思えますが、これはウソの無い事実だとも言えます。しかしながら法的規制も無い訳で、タバコ程風評被害も無い。いずれは何らかの規制があるかもしれません。その昔「ヒロポン」は、名指しはしませんが麻薬の一種で薬局に売ってました。が、今では重罪になる代物です。タバコも最近はダメな方向・・・どうなるか分かりませんが、コーヒーを嗜むなら今のうちか??!(とも思えませんが)覚醒効果は確かにあるようなので、ヤル気向上でコーヒーって良いのかも!

確かにカフェインは胃に悪いとか言いますが、身体に極端に悪いとも考え難いですしね!

 



関連する記事

▲次の記事:大人になってまた食べてみたい給食メニューランキング
▼前の記事:警察犬が長官賞受賞!人間以外で初の快挙!



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map