トップ  >  仕事  >  頭痛と収入の関係、低収入程片頭痛という驚きの調査

                    

頭痛と収入の関係、低収入程片頭痛という驚きの調査

2013.10.24 (Thu) |  仕事

頭痛
片頭痛は昔から、低年収の@kobe_masayanです。片頭痛と収入に関係があったようです。(あるのか?)低年収ほど頭痛持ちが多い!「片頭痛と収入」の驚きの関係とはという、驚きの事実が!
12歳以上の162,705人を対象に行われた調査によると、25歳から34歳の女性の場合、世帯年収が$60,000以上の高収入のグループでは20%が片頭痛持ちであると回答したのに対して、$22,500以下の低収入のグループでは37%が片頭痛持ちでした。

つまり、女性の低年収層(凡そ年収230万円以下)に片頭痛持ちが集中した結果に。女性程には無いにしろ。割合は女性同様に男性も、その傾向があったようです。しかし、年収関係無しに片頭痛に悩まされる人の症状の期間は違いが無く、”年収は関係無い”という意見もあるようです。

ただし低収入のグループの人は高収入の人に比べて、片頭痛がひどく欠勤などの弊害が多く出ていることも明らかとなっています。

仕事に対するモチベーションが違うという事もありえそう。収入が多い人程、私生活に仕事が自然にマッチしているような気がします。それとは逆に、仕事とプライベートを割り切って生活する人程、仕事へのストレスは大きくなる傾向になります。そういう仕事程、どうしても収入は減りますから・・・仕事とプライベート割り切ると、仕事に突入した時の嫌な気持ち半端無いですから。。割りきらず仕事も好きな事したいですね。もちろん家庭もあるならば、大事にして。

 



関連する記事

▲次の記事:日本の男女平等世界ランキングは105位
▼前の記事:ほこxたて放送休止へ



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map